最近のエントリー
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< January 2015 >>
ブログ内を検索


RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS
ターゲット、カナダから撤退 1.7万人を解雇、損失54億ドル
eutag

 大手安売りチェーンのターゲット(ミネソタ州)は、参入から2年足らずでカナダ市場からの撤退を発表した。全133店舗の閉鎖に伴い1万7000人以上の従業員を解雇し、同社の第4四半期(11〜1月期)決算で投資の評価損など総額54億ドルの税引き前損失を計上する。

 ロイター通信によると、米2位のターゲットは2013年3月のカナダ初出店以来、苦戦が続いていた。倉庫での問題や本社との連絡不足、従業員の経験不足など幾多の問題に見舞われ、市場を支配するウォルマートに対抗できる店として期待した消費者を品ぞろえや在庫の不足で失望させた。

 ターゲットは11月、歳末商戦後にカナダ事業の将来を見直すと発表していたが、商戦中も客足は低調で、ブライアン・コーネル最高経営責任者(CEO)によると現状維持を正当化できるだけの「大きな変化」が見られなかった。

 それでもターゲットの今回の決定は、売り上げが最も低迷する店舗だけ閉鎖し、残りのてこ入れを図ると予想していた専門家を驚かせた。フィッチ・レイティングスによると、ターゲットはこれまで、約25億ドルの設備投資と17億ドルに上る損失を含め、総額約60億ドルをカナダ市場に投じてきた。

 ターゲットは、カナダから撤退することで、13年末の大規模な情報流出被害から回復途上にある米国事業に力を注げると説明した。

tomi craft japan












TCJ Hollywood


「一番搾り」は日本製と欺く アンハイザー、虚偽広告で購入者に返金
eutag

米国内で販売される「キリン一番搾り(Kirin Ichiban)」が日本製かのようなラベル表示で消費者を欺いたとして、フロリダ州マイアミの住民2人が販売元のアンハイザー・ブッシュに返金を求めていた裁判で、同州裁判所はこのほど原告の主張を認め、アンハイザーに対して購入者1人当たりで最高50ドルを払い戻すよう命じた。

 ABCニュースによると、払い戻しは2009年10月25日から14年12月17日までの間にKirin Ichibanと「Kirin Light」を購入した人が対象で、12オンス瓶または缶の6本入りに対して50セントか12本入りに対して1ドル、あるいは1瓶・1缶ごとに10セントを払い戻す。レシートで購入を証明できる人は50ドルまで、レシートがなくても12ドルまでの受け取りが可能。ただし郵送またはオンライン(https://www.kirinbeersettlement.com/Home.aspx)での申請が必要で、締め切りは15年6月15日(当日消印有効)。

 一番搾りは1996年以降、アンハイザーがキリンからライセンスを取得して国内で生産を始めた。06年以降はマーケティングも展開している。

 瓶の一番搾りは、裏ラベルに小さな文字で「カリフォルニア州ロサンゼルスとバージニア州ウィリアムズバーグで、キリンの厳格な監督を受けながらアンハイザー・ブッシュが醸造」と印刷されている。しかし原告は、箱に表示されている「imported」や「Japan’s prime brew」の表現が、日本で製造したビールを米国に輸入しているかのような誤解を与え、購入者は箱から瓶を抜き取ってみないと生産地を知ることができないと主張した。

 アンハイザーはこのほか、独ビール・ブランド「Beck(ベック)」でも同様の訴訟を起こされている。

tomi craft japan











TCJ Hollywood













▲PAGE TOP