最近のエントリー
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< May 2016 >>
ブログ内を検索


RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS
LAオート・ショー、今秋に生まれ変わり 車載技術にとってのCESに変身へ
eutag

ロサンゼルス・オート・ショー(Los Angeles Auto Show)とその関連催事であるコネクテッド・カー・エキスポ(Connected Car Expo)の主催者ANSAプロダクションズは16日、それら両方を統合したオートモビリティーLA(AutoMobility LA)という新たな自動車見本市を2016年11月14〜17日に開催する計画を明らかにした。

 その背景には、自動車業界と技術業界の融合の強まりと車載技術の重要性の高まりがある。

 フォーチュン誌によると、オートモビリティーLAは、OEM(original equipment manufacturer)やファームウェア、ソフトウェア、ITソリューション、工学技術者、設計技術者、投資家、起業家、そして消費者という自動車業界生態系全体を包括し、報道陣向けと参加者(および社)向けに区別されたそれらの催事を一つに凝縮した自動車業界初の見本市となる。

 従来の見本市から規模が拡張されるオートモビリティーLAは、5万平方フィートの技術専用パヴィリオンを設け、2014年開催のコネクテッド・カー・エキスポに出展した企業数の2倍を受け付けることが可能。

 オートモビリティーLAは、、米消費者技術協会(CTA)が主催する毎年恒例のCES(消費者電子製品見本市)の車載技術版という性格を色濃く帯びる自動車見本市に変身すると言える。

 オートモビリティーLAは、自動車産業の将来性を強化する大きな一歩となるとともに、自動車業界と技術業界を融合した将来の潮流や傾向の方向性を決定づける重大な見本市になるだろう、とオートモビリティーLAのアンディー・グリック代表(コネクティッド・カー・エキスポの前代表)は話している。

tomi craft japan











TCJ Hollywood













ボストンがシリコン・バレーを抜く 米主要都市のデジタル経済競争力調査
eutag

デジタル経済への移行の波に乗じて競争力をもっとも高めている都市として、ボストンがサンフランシスコ市湾岸地域(ベイ・エリア)を抜いて1位に選ばれた。

 ロイター通信によると、米商工会議所財団といった各種の団体や機関が参加した米国内25都市の競争力分析「Innovation That Matters 2016」では、ロボティクスから医療まであらゆる産業で起きているデジタル革命に対し、それぞれの都市が受け入れ態勢をどのように整えているかを検証した。

 評価基準には、人材や資本、産業内分業、生活の質(QOL)、規制、文化をはじめ、起業家や大学、企業、政府間の連携、そのほか6つの分野や要素が含まれた。

 湾岸地域につづく3位から10位には、コロラド州デンバー、ノース・カロライナ州ローリー・ダーラム、サンディエゴ、テキサス州オースティン、ロサンゼルス、フィラデルフィア、ワシントンDC、ニューヨークが選ばれた。

 シリコン・バレーがある湾岸地域では2011〜2015年に、起業件数が、2位のニューヨークの2倍にあたる6000件に上り、今回の評価でも投資額と人材の質においてほかの都市を圧倒している。

 報告書はしかし、湾岸地域について「競争が熾烈なあまり、成功することが非常に難しい」ことや、大学や地域社会と首尾良く連携できていないという起業家らの声を紹介した。

 湾岸地域はそのほか、生活費があまりにも高いためQOLにおいて22位の低評価だった。

 ボストンは起業件数で3位に甘んじたものの、大学や研究機関との連携で最高評価を獲得したほか、QOLでも5位の高評価だった。

tomi craft japan











TCJ Hollywood













▲PAGE TOP