最近のエントリー
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< May 2016 >>
ブログ内を検索


RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS
ロボット関連の投資増える 物流業界、影響力を重視
eutag

商品や材料の供給を支えるサプライチェーン業界で、ロボット関連支出が増えている。ロボットが将来、業界に大きな影響を与えるとの見方が広がっているようだ。

 ウォールストリート・ジャーナルによると、米国の物流業界団体MHIとコンサルティング大手デロイトがサプライチェーンの専門家900人を対象に行った年次調査の結果、「ロボットやオートメーションが競争力の優位性に影響を与える」と考える人が51%に上り、前年の39%から大幅に増加した。

 オートメーション技術は、中国の製造ラインから米国の配送センターに至るまで供給チェーンを大きく変えつつあり、業界ではできるだけ低いコストで迅速にシステムを機能させようとする動きが強まっている。オンライン小売り大手アマゾンの場合、新しい発送センターはロボット機能を織り込んだ設計になっており、既存のセンターの調整に苦労しているウォルマートやターゲットのような同業より注文の対応コストや時間を減らしている。

 MHI/デロイト調査では、約35%が「すでに供給チェーンにロボットを導入している」と答え、この割合は向こう6〜10年で74%に増加すると予想されている。回答者の大半は2年以内に新しいテクノロジーに100万ドル以上を投資する予定で、12%は1000万ドル以上、3%は1億ドル以上を投じると見込んでいる。

 一方、輸送ソフト会社フレイトス(Freightos)が貨物取扱業者(フォワーダー)の幹部を対象に実施した別の調査でも、68%が「倉庫へのロボット導入は業界に大きな影響を与える」と予想した。これに対し、3Dプリンターが大きな影響を与えると考える人は49%で、ドローンや自動運転トラックは32%、AR(拡張現実)機能は8%にとどまった。

tomi craft japan











TCJ Hollywood













アパレルがオンライン販売の最大分野に 送料無料やモバイル購入がけん引
eutag

アパレルは、2015年の電子商取引市場において、コンピュータを抜いて初の最大分野になった。

 ウォール・ストリート・ジャーナルによると、ウェブ分析会社コムスコアが先日発表した調査結果では、アパレルおよびアクセサリーの支出は515億ドル、コンピュータ・ハードウェアの支出は499億ドルだった。

 アパレル分野には、衣類のほか、靴、ハンドバッグ、化粧品が含まれ、コンピュータには、デスクトップ、ラップトップ、タブレット、モニター、キーボードといった関連アクセサリーが含まれる。

 両分野とも売り上げは前年から増えたが、送料無料サービスやモバイル購入の増加がアパレル市場を刺激し、19%増と、コンピュータ市場より大きな伸びを記録した。コンピュータは5.3%増にとどまった。

 近年では、年間99ドルの会費を払えば、2日以内の配送サービスを無制限に受けられるアマゾンのプライムのようなサービスの普及によって、消費者は小さな商品でも送料を気にせず頻繁に購入しやすくなっている。

 イーコマースにおける送料無料サービスによる販売の比率はこの1年間で大幅に拡大した。アパレルのような小さな買い物では送料がコスト全体に占める比率が大きくなるため、返品を含め送料が無料であることがより重要となっている。

 携帯電話やタブレットを使った購入は2015年第4四半期に156億ドルと、前年同期の107億ドルから大幅に増加している。モバイル購入では、多くの決断を要する高額商品より安価で簡単な商品の方が買いやすいため、アパレルがコンピュータよりも大きな恩恵を受けている。

tomi craft japan












TCJ Hollywood


▲PAGE TOP