最近のエントリー
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< September 2014 >>
ブログ内を検索


RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS
加州で西ナイル熱が猛威 深刻な干ばつの影響か
eutag

カリフォルニア州で現在、西ナイル熱が猛威を振るっており、干ばつが感染の拡大を促進している可能性が高い。

 ウォールストリート・ジャーナルによると、同州の今年の人への感染報告は9日時点で238件に上り、前年同期の117件、過去5年の平均74件を大幅に上回っている。今年の死者は9人で、前年は通年で15人。西ナイル熱には有効な薬品やワクチンがない。

 州公衆衛生局の幹部によると、今年は州内で確認されたウイルス感染蚊の数がこれまでより多く、人への感染拡大の一因となっている。このウイルスの主要な保有者は鳥で、蚊がウイルスを持つ鳥の血を吸って感染した後、人を刺してウイルスを媒介する。今が人への感染リスクが最も高まる時期であり、感染者は今後も増える見通し。

 過去10年、国内各地で西ナイル熱の感染が起き、今年はテキサスやルイジアナでも増えているがカリフォルニアほどではない。今年の加州での感染拡大には深刻な干ばつが影響している可能性があり、ウイルスを持つ鳥の水飲み場が減って都市部の水源の周辺で蚊と接触する機会が増えていると見られる。

 また、気温が異常に高くで蚊が増えていることも状況に拍車を掛けている。最も感染が広がっているのは南部のオレンジ郡で、人への感染は85件と他郡の3倍を超えている。

 西ナイル熱は最初アフリカで発生し、1999年に米国に上陸した。ほとんどの人は感染しても重症には至らないが、全体の1%以下、特に糖尿病や高血圧を抱える50歳以上のグループは、脳炎や髄膜炎といった深刻な神経系疾患にかかるリスクが高い。

tomi craft japan












TCJ Hollywood


国内の洋上風力発電計画、14件が動き出す
eutag

コストの高さや地元の反対などを受けて長年停滞していた国内の洋上風力発電計画がようやく動き出し、現在14件が「次の段階」に入っている。

 USAトゥデイが伝えたエネルギー省の報告書によると、このうちマサチューセッツ州ナンタケット湾沖の「ケープ・ウィンド」計画とロードアイランド州沖のディープウォーターによる「ブロック・アイランド」計画の2件はすでに建設の初期段階にあり、残りはリースの契約、大規模な研究の実施、電力購入契約の確保などを進めている。

 14計画のうち9件は東海岸、残りはカリフォルニア、テキサス、オハイオ、オレゴン、米領バージン諸島で、すべて完成した場合の合計最大出力は約4.9ギガワット(GW)。陸上の風力発電設備が現在、総出力61GWで米電力需要の約4.5%を供給しているのに比べるとまだ規模は小さいが、30年までに54GW以上を電力供給網に加えられる可能性がある。

 エネルギー省の調査に関わった電力およびオートメーション技術大手ABBのジョン・ダニエル氏は、「洋上風力発電計画の最大の障害は設置コストの高さ。特に国内の生産ブームで天然ガス価格が低下している時はなおさら」と話す。それでも、洋上風力発電は発電源が消費地により近くなるため、長期的には費用節約効果が大きくなる可能性があり、米国のエネルギー・コストを年間76億8000万ドル減らせると見込まれる。

 洋上風力発電は、化石燃料の使用に課される炭素税が導入されれば価格競争力が高まるほか、最近の天然ガス価格の上昇や、30年までに既存の発電所の炭素排出量を30%削減するという環境保護局(EPA)が提案する政策などの恩恵を受ける可能性もある。今年6月に発表されたEPAの提案は、15年には最終決定される予定で、これによって多くの石炭火力発電所が閉鎖する可能性が高い。

 世界的には、洋上風力発電施設の設置コストは11年以降6%減少している。現在世界の総出力は7ギガワットで、施設のほとんどは欧州北西部にあるが、中国も増加している。13年は総出力が前年から50%増え、増加分の半分は英国が占めた。

tomi craft japan












TCJ Hollywood


▲PAGE TOP