最近のエントリー
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2015 >>
ブログ内を検索


RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS
ATMでカード情報を不正入手 被害が過去20年で最多に
eutag

米国内のATM(自動現金預払機)でデビット・カードを使用中にひそかに情報を盗まれる被害が、過去20年以上で最多水準になっている。

 ウォールストリート・ジャーナルによると、2015年1〜4月9日に発生した銀行内ATMでのカード情報盗難は前年同期に比べて174%増加、ショッピング・センター、コンビニ、レストランなどにあるCD(現金自動支払機)など銀行以外の機械では317%も増加した。

 データをまとめた信用格付け・解析会社FICOは、合計で国内デビット・カードの65%以上を発行する金融機関向けに提供しているカード・モニタリング・サービスを通してこうした犯罪被害を追跡している。

 犯行の多くは、カードの磁気テープから情報を抜き取れる装置をATMに設置する「スキミング」と呼ばれる手口で、カード保持者が暗証番号を入力するところを小型カメラで盗撮する場合もある。犯人は入手した情報を基にデビット・カードを偽造し、ATMでの現金引き出しや店舗/オンラインでの物品購入に使う。

 銀行は、偽造を難しくするためにコンピュータ・チップを組み込んだ新種のカード発行を急いでいるが、ほとんどのATMはまだ新しい技術に対応しておらず、JPモルガン・チェイスとバンク・オブ・アメリカが最近、高性能ATMの設置を始めたばかり。

 現在は不正取引による損失のほとんどをカード発行会社が負担しているが、15年10月以降は、新しいカードが使える機械を導入しなかった場合、商店も責任を負担しなければならなくなる。

tomi craft japan











TCJ Hollywood













米軍、使い捨てドローン開発 上空から大量散布で情報収集
eutag

米海軍研究試験所(NRL)は、手のひらに乗るほど小さな使い捨てのドローンを開発している。

 クリスチャン・サイエンス・モニターによると、このドローンは、地中で長い幼虫期を過ごし、生殖活動のため大群で地上に現れた後短期間で死ぬ昆虫のセミから着想を得たといい、Close-in Covert Autonomous Disposable Aircraft(使い捨て近接自律群飛行体)の正式名称は頭文字を取ってセミを意味する「CICADA(シケイダ)」と呼ばれる。

 敵がすべてを回収できないほど大量に飛ばす使い方を想定しており、デザインは単純でわずか10個ほどの部品しか使われていない。モーターもなく、飛行機またはより大きなドローンなどを使って上空から散布し、特定の標的に向けて滑空させる。自力飛行はできないが、エンジンや推進装置がない分極めて静かで、高い精度で標的に落とせるといい、3年前の実験では高度5万7600フィートから散布して標的の周囲15フィート以内に着地した。

 構造が簡単なため生産コストも安く、試作品は1個1000ドルだったがNRLの技術者は最終的に250ドルまで減らせると見ている。実験では気温、気圧、湿度といった気象データを送信するためのセンサーが搭載されたが、目標は、敵の潜水艦の位置特定や会話の盗聴といった軍事的な機能を果たすことだ。ビデオカメラについては、撮影データを遠隔回収すると情報量があまりに大量になるため今のところ搭載されていない。

 機体は小さいがかなり頑丈で、木立の間でも飛べるほか、アスファルトの滑走路や砂利の中に落ちても、砂が隙間に入っても問題なく、唯一壊れたのは砂漠の低木にぶつかった時だったという。

 実際の作戦に投入されるまでは、気象学者が竜巻を予想するためのデータ収集などに使われる可能性がある。

tomi craft japan












TCJ Hollywood


▲PAGE TOP