<< July 2014 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Latest Entry
Category
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Links
Search
Recommend
Recommend
Recommend
Admin
Mobile

大陪審、フェデックスを起訴 違法薬物の配達で共謀

eutag

サンフランシスコの連邦大陪審は17日、違法のオンライン薬局が発送した規制薬物を当局の再三の警告を無視して配送したとして、航空貨物大手フェデックス(本社テネシー州)を起訴した。

 ロイター通信によると、起訴事実は、共謀して規制薬物の配送した罪など15件。フェデックスは共謀で少なくとも8億2000万ドルの利益を得ているといい、最高でその倍額の罰金刑を受ける可能性がある。麻薬取締局(DEA)はこれまで、同社に何度も違法行為をやめるよう警告したという。

 フェデックスの3〜5月期売上高は118億ドル。パトリック・フィッツジェラルド取締役副社長は声明で、公判では無罪を主張すると述べた。また、検察は同社に1日数百万個の荷物の合法性の責任を負うよう求めているといい、「当社は運送会社であり、司法当局ではない」と反論した。

 起訴状によると、DEAは2004年以降、幹部を含むフェデックスの担当者に対し、オンライン薬局が処方薬の宅配で同社のサービスを利用していると6回以上警告した。ある時はフェデックスが、DEAがある薬局を強制的に閉鎖した事実を知りながら、系列薬局からの薬物の配送を続けた。同時に、社の規定や手続きもこうした行為を許す内容に改訂した。

 ケンタッキー、テネシー、バージニアの各州では、フェデックスの宅配トラック運転手が薬を待つ客の求めに応じて路上で車を止め、包みを手渡すこともあった。配送先には駐車場や空き家の所在地も含まれ、現地で受取人が待っていたという。

tomi craft japan











TCJ Hollywood














GE、家電部門売却を再検討 最高25億ドルとも

eutag

ゼネラル・エレクトリック(GE)が100年以上の歴史を持つ家電部門の売却を再び検討していることが、明らかになった。ウォールストリート・ジャーナルが消息筋の話として伝えた。

 家電部門の売却は2008年にも検討されたが、計画倒れに終わっている。家電事業はまだ黒字だが、利益が薄い割に人件費が高く、航空エンジンやガス・タービンなど製品を販売した後も長期収入を生む産業向け事業に比べて重要性が薄れている。今回の売却の動きは、先にブルームバーグ通信が報じた。

 GEのジェフ・イメルト最高経営責任者(CEO)は、産業向け事業の拡大と非中核事業の売却を投資家に約束しており、14年は総額40億ドルの不要資産を売却すると表明した。GEは6月、仏重電大手アルストムのエネルギー事業を創業以来最大の買収額となる170億ドルで獲得した。

 GE取締役会は来週、売却について協議する見通し。

 専門家は売却先として、中国のハイアール(Haier Electronics)、メキシコでGEと提携するマベ(Controladora Mabe)、スウェーデンのエレクトロラックス(Electrolux)を挙げている。ロングボウ・リサーチのアナリスト、デイビッド・マグレガー氏は「マベとエレクトロラックス辺りが乗り出しそう。売却額は20億〜25億ドルに達する可能性もある」と話した。

tomi craft japan











TCJ Hollywood