最近のエントリー
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ブログ内を検索


RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS
トミーさん脱走を図る
eutag



トミーさんとは、以前トミークラフトで飼われていた、犬のトミーである。
ガレージに迷い込んで来て、それ以来トミークラフトにずっと居た。

事情があって、以前からガレージではなく、実家に移住している。

ところが、今日メールを確認したところ、トミーさんが脱走を図ったとのこと。しかしその後、無事に確保されたようだ。

何でも、早朝に脱走を図り、動物病院がオープンするのをお座りをして待っていた、と言うのだ。以前からこの動物病院にはお世話になっていたようで、トミーのお気に入りの場所だったようだ。

しかし、今回が脱走を図ったのが初めてではない。自分が知っている限り2回ある。

初体験は、脱走しその後、農家の人に保護されたが、農家の庭先を占拠。そこに初めから居た犬を、端に追いやって、自分が家主の様に振舞っていた。

2度目は、脱走し、タバコ屋の軒下で通る車を眺めていたと言う。さすが、チューニングショップの犬である。

トミーさん(既に自分より年上なので敬称をつけた)は、すべての脱走経験で嫌な思いをしていない、怖い思いをしたり、死にそうな思いをしていない。何時の脱走時も、人間様の手厚い保護の上、お菓子やら、体中をなぜてもらうなど、良い思い出が多いのである。

そして何回脱走をしても、家に戻ることが出来ているので、脱走=散歩になっているのである。

脱走する方は楽しいかもしれないが、探す方は大変である。あっちこっち聞きまわったり、行きそうなところを行って見たり、また保健所などに連絡を入れたりと。

今回が最後の脱走であってほしいものだ。また親切な人がいっぱい居る日本でラッキーである。

...それこそ、アメリカだったらコヨーテやボブキャットに食べられてしまう...




▲PAGE TOP