最近のエントリー
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ブログ内を検索


RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS
航空機内ワイ・ファイ接続事業が急成長
eutag

   航空機内におけるワイ・ファイ接続サービスは、2010年に約1億ドル規模の市場に成長する見通しだ、とメディアは報道している。

ビジネスウィークによると、米国内950機以上にインターネット接続機能を提供するエアセル(Aircell)のマイケル・スモール社長兼最高経営責任者(CEO)は、2010年5月の売上高が2月比で50%増を記録したと説明。1年前には、同サービスを導入した機体は100機に満たなかった。同市場は「毎日成長している」と同氏は話す。

調査会社インスタットの報告によると、航空機内の広帯域接続サービス事業の売上高は、2009年の700万ドルから、2010年には9500万ドルまで増加する見込みだ。プロバイダーは、手数料や広告収入のほか、商品販売やオン・ディマンド映画で利益を得ることができる。年末までには、2000機以上がワイ・ファイ接続設備を搭載する見通し。

一方、航空機内の広帯域接続プロバイダーであるロウ(Row)44が2009年に実施した試験的導入によると、同サービスに料金を支払うことに前向きな乗客は10%を下回っている。

エアセルは、「ゴーゴー(Gogo)」という名のサービスで1回の運航につき5〜13ドル、月間で34ドル95セントを徴収する。しかし、インスタットによると、価格競争の激化を背景に、2014年までには24%値下がりする見通しだ。

米国内事業者は今後、国外市場に進出し、英国航空を顧客に持つオンエアー(OnAir)や、ルフトハンザ航空に機内接続サービスを提供するパナソニック・アビオニクス(Panasonic Avionics)と競合する。

tomi craft japan











TCJ Hollywood















コメント
コメントする









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.cent-21.com/trackback/100307
 

▲PAGE TOP