最近のエントリー
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ブログ内を検索


RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS
プリンター・インクも運も尽きた?
eutag

   目まぐるしく進化するハイテク製品の中で、プリンターだけが市場でないがしろにされている、とメディアは報道している。

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、ニューヨーク州のインターネット動画会社ハウキャスト・メディア(Howcast Media)のダニエル・ブラックマン最高執行責任者(COO)は、アイパッドも購入し、キヤノンのDSLRカメラもソニーのハンディキャムも最新機種に買い換えたが、プリンターだけは最新機種を買おうと思わない、と話す。

メーカー側の言葉を借りると、問題はプリンター自体ではなく、印刷する人にある場合もある。手荒な扱いが繊細な機械を損ねてしまうからだ。

そういった低迷市場を活性化しようと、プリンター製造大手のヒューレット・パッカード(HP)は6月、パソコンを介さずとも、スマートフォンのようなインターネット接続機器からの直接印刷を可能にするウェブサイトおよび電子メール対応機能をプリンターに搭載した。HPはそのほかにも、紙詰まりの場所を自動特定するレイザー・プリンターも開発した。

また、HPによると、インクジェット・プリンターは2009年、3年前と比較して印刷不能の頻度が25%低下し、レイザー型も20%の改善を果たした。にもかかわらず、一般市場におけるプリンター需要は低迷を続けている。

プリンターに満足しているのは、もはや修理業者だけという感もある。問題は起こるが、機能が単純なので問題箇所は少なく、修理の需要が途切れることがないからだ。

ベスト・バイ傘下のギーク・スクワッド(技術支援サービス)に6年間勤務しているドナルド・バルテルミ氏によると、1日4〜5件の技術支援のうち3〜4件はプリンターの問題だという。

tomi craft japan











TCJ Hollywood















コメント
コメントする









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.cent-21.com/trackback/100308
 

▲PAGE TOP