最近のエントリー
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ブログ内を検索


RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS
米航空業界・預け入れ荷物の収入・33%増
eutag

   米航空会社が2010年1〜3月期に利用者から集めた預け入れ荷物の手数料は、7億6900万ドルと前年同期から33%も増加したことが、運輸省の統計で分かった、とメディアは報道している。

USAトゥデイによると、業界はこのほか予約変更手数料で5億3400万ドル、フリークエント・フライヤー・マイルの販売やペットの輸送などで5億5400万ドルの収入を得ており、こうした付属サービス全体の売り上げは18億6000万ドルに上った。

付属サービスには、食事、飲料、枕、毛布、機内エンタテインメントの販売および座席の変更手数料は含まれない。預け入れ荷物の手数料収入は増加したが、付属サービス全体の売り上げはほぼ横ばいだった。

旅行情報スマーター・トラベルのアン・バナス編集者は、付属サービスについて「年商10億ドル規模のビジネスになりつつある。明らかに航空会社には役に立っており、当面はなくなりそうにない」と話した。バナス氏によると、旅行者は荷物預け入れなど重要と思われるサービスには料金を払う意思を見せているが、数時間早く帰るためだけに予約を変更するといった余分な出費は避けるようになっている。

付属サービスの売り上げが最も多かった航空会社は、ノースウェストとの合併で世界最大手となったデルタで、5億9200万ドルだった。営業収入に占める付属サービスの割合が最も高かったのはスピリット航空で、21.7%を占めた。

これらの追加収入は業界全体の業績向上に貢献しており、1〜3月期の21社全体の営業利益は1200万ドルだった。従来型ネットワーク航空会社では、デルタの営業利益が1億7000万ドルと最大だった。格安航空会社の営業利益は、預け荷物を2個まで無料にしているサウスウェストの5400万ドルが最大だった。

tomi craft japan











TCJ Hollywood















コメント
こんちは〜
手数料取りすぎですね〜

高すぎますよね!
付属サービス以外でもがんばって欲しいですね。。。
from: ラテアートまにあ   2010/07/27 4:20 PM
コメントする









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.cent-21.com/trackback/100384
 

▲PAGE TOP