最近のエントリー
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ブログ内を検索


RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS
PTクルーザー・今週で生産終了
eutag

   クライスラーは、レトロ風の小型車「PTクルーザー」の生産を今週いっぱいで停止する、とメディアは報道している。

ロサンゼルス・タイムズによると、PTクルーザーは、2000年の発売当時は非常に人気が高く、納車待ちは長期に及び、数千ドルの特別料金を払っても入手したいという消費者さえ多かったが、最近は販売が減少していた。

スポーツ多目的車(SUV)の全盛時代だったにもかかわらず、PTクルーザーは発売当時、奇抜なスタイルと機能性の高い車内空間でセンセーションを巻き起こした。クライスラーがデザインの指導的地位を確立することにも大きく貢献し、販売は予想以上に伸びて、米国製の小型車では珍しくヒットモデルとなった。

登場したタイミングは、新型の「フォルクスワーゲン・ビートル」や「プリマス・プラウラー」の後、「ミニ・クーパー」「シボレーHHR」「フォード・サンダーバード」「フィアット500」などが出る前に当たり、モダン(現代風)とレトロ(懐古調)を融合させた最初のモデルの1つとなった。

オリジナルのセダン(4ドア)のほか、ターボチャージのパフォーマンス・モデル、コンバーティブル、12種類以上の限定特別仕様車などラインアップも拡大し、累計販売台数は130万台を超えた。しかし、クライスラーは同車のデザイン、機能の刷新はおろか、同じ路線の別モデルを生み出すことさえなく今に至っている。

PTクルーザーは、ダイムラーと投資会社サーベラス・キャピタル・マネジメントがクライスラーを経営した時期にも消滅の危機に直面したが、当時は販売の勢いが続いていたため生き残った。しかし、今年は年初から6月までの販売が5500台に満たず、ついに生産停止の最終決定が下された。

tomi craft japan











TCJ Hollywood















コメント
コメントする









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.cent-21.com/trackback/100472
 

▲PAGE TOP