最近のエントリー
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ブログ内を検索


RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS
音楽ダウンロード・伸びが減速・業界は縮小する一方
eutag

   CDが売れず、利益率の低いダウンロード販売が主流となっている音楽業界で、そのダウンロード販売も減速が始まっている、とメディアは報道している。

サンフランシスコ・クロニクルによると、ニールセン・サウンドスキャンが追跡する2010年のiPod(アイポッド)、パソコンなどへの楽曲ダウンロードは、今のところ昨年比0.3%増にとどまっている。SNLケイガンの最新データによると、当初は利益源の1つだった携帯電話着信音(着メロ)の売り上げも、07年に7億1400万ドルの最高を記録した後は24%も減少した。

NPDグループの報告書では、音楽配信サービスのアイチューンズ・ストアやアマゾンを利用する人の数は、約4000万人で頭打ちとなっており、近年はインターネット・ラジオ「パンドラ」など、広告料に支えられたストリーミング・サイトの利用者が増えている。

会計大手プライスウォーターハウス・クーパーズは、「ダウンロードの伸びは今年改善する可能性があるものの、業界全体の縮小を食い止めるには不十分」と見ており、CD、ダウンロードなどあらゆる形式を含めた米レコード音楽売り上げは、12年に70億ドルと05年の半分強にとどまると予想している。

業界大手は懸命に対策を模索しており、ユニバーサル・ミュージックやソニー・ミュージック・エンタテインメントは、広告料で運営するストリーミング・サイト「ビーボ」に資本参加している。また、ワーナー・ミュージック・グループは、音楽、関連商品、コンサートなど全分野からの収益を図る「360ディール」と呼ばれる新しい形の契約を普及させようとしている。

大手レーベルはどこも「ラプソディー」や「Rdio(アーディオ)」といった有料サービスに楽曲配信権を与えているが、個別のトラック販売に比べ利益率がはるかに低い。

tomi craft japan











TCJ Hollywood















コメント
コメントする









トラックバック
毎日の出来事を紹介します。
出来事デキゴト | 2010/07/22 10:23 AM
この記事のトラックバックURL
http://blog.cent-21.com/trackback/100877
 

▲PAGE TOP