最近のエントリー
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ブログ内を検索


RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS
米・処方薬乱用によるER利用・過去10年で400%増加
eutag

   米国で、医師から処方される薬の乱用が急増し、危機的な状況となっている、とメディアは報道している。

クリスチャン・サイエンス・モニターによると、米政府の薬物問題研究機関である米国薬物乱用・精神衛生管理庁(SAMHSA)がこのほど、薬物乱用に関する報告書を発表。それによると、1998年から2008年までの10年間で、医師から処方された鎮痛剤の乱用で病院に運ばれた件数が400%も増加しているという。

鎮痛剤の医療目的以外での利用は、米国内では現在、違法薬物利用の中で2番目に多くなっている。マイケル・ジャクソンやアンナ・ニコル・スミスなどの有名人も、鎮痛剤の乱用が原因で死亡した。しかし処方薬の乱用は、年齢や社会的地位を問わず、全米でまん延している。

処方された規制薬物の件数は、94年から03年に年間2200万件から3億5400万件に増えている。また、処方された鎮痛剤の誤用によって緊急治療室へ(ER)運び込まれた件数は、94年の約4万件から08年には30万件以上へと増えた。

多くの有名人を治療しているウェイスマン・メソッド治療センターは、強力な鎮痛剤の乱用は、ほんの少しの不快感や痛みにも我慢できず、即座の解決を求めたがる文化のまん延も一因だと指摘する。このような考えが、多くの患者をより強力な鎮痛剤へと走らせてしまうという。

連邦政府は05年に、鎮痛剤使用の監視制度を法制化したが、資金不足で停滞している。現在、37州が独自の監視制度を持つが、統一されていないため、かえって乱用をまん延させているという。まん延の理由として専門家らは、インターネットで簡単に処方薬が購入できる、フロリダなど州によっては医師が簡単に鎮痛剤を処方する、路上販売が見逃されている、10代が友人同士で売買しているなどを挙げている。

tomi craft japan











TCJ Hollywood















コメント
ニースの考え。私はそれを利用しています。ここでは、その日本国民の格安レートで薬を提供するサービスプロバイダは、。
from: ニューロタン   2010/10/26 7:29 PM
コメントする









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.cent-21.com/trackback/101236
 

▲PAGE TOP