最近のエントリー
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ブログ内を検索


RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS
小企業の多くがソーシャル・サイトを販促に利用
eutag

   商品やサービスの宣伝のためにソーシャル・メディアを利用する中小企業が増えていることが、小企業向けの会員制交流サイト(SNS)マーチャントサークル(MerchantCircle.com)の最新調査で分かった、とメディアは報道している。

USAトゥデイによると、調査は今年4〜6月期、社員5人未満の企業約1万社を対象に実施され、「3カ月以内にSNSの利用を開始または維持する」と答えた企業が半数を超えて過去最高となり、1〜3月期の41%から大幅に増加した。

また、利用者の所在地を重視するSNS「フォースクエア(Foursquare.com)」の企業の利用率は、3月の25%から現在は32%に増え、簡易ブログのトゥイッターを利用する企業も8%増加した。

メリーランド大学スミス・スクール・オブ・ビジネスによると、ソーシャル・テクノロジーの国内の導入率は、過去1年間に12%から24%へと倍増している。

マーチャントサークルのダレン・ウォデル副社長(マーケティング担当)は、「小企業は、厳しい経済状況の中でマーケティング支出を節約しながら特定の客に近づく方法として、フェイスブックなどを利用している」と話した。

ただし、最新メディアの導入が必ずしも利益につながるわけではなく、企業向けのチャットおよびインスタント・メッセージング・サービスのヒップチャット(HipChat.com)は、「取引している小企業2000社の90%以上がソーシャル・メディアを使っているが、ビジネスに効果が出ているところは少ない」と指摘する。

それでも一般利用者が多い「フェイスブック」では、100万社以上の小企業が登録して消費者に近づこうとしている。利用企業が増えた背景には、テクノロジーが進化して、年齢や経験を問わず誰でも簡単にソーシャル・メディアが使えるようになったことがある。

tomi craft japan











TCJ Hollywood















コメント
コメントする









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.cent-21.com/trackback/101469
 

▲PAGE TOP