最近のエントリー
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< August 2008 >>
ブログ内を検索


RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS
デトロイト・メタル・シティー
eutag

   そういえば、今、東宝系映画館で公開されているデトロイト・メタル・シティーだが、映画内で使用されたニューヨークナンバーはトミークラフトが提供したものだ。テレヴィで映画の宣伝を見て思い出したので、この場を借りて宣伝報告させてもうことにしよう。

ナンバーはニューヨーク・スタチューオヴリヴァティー”AK2424"ナンバーだ。このスタチューオヴリヴァティーナンバーは現地ニューヨークではもう新規発行していない。現在では青のナンバーになっている。

まあニューヨークに行けば、たまにこのナンバーを見ることができるかもしれないが、しかしNYに住む友人によると、最近では全く見ないという。

個人的には今のブルーナンバーより、以前のナンバーの方がニューヨークといったイメージが良く現れているので好きだ。

トミークラフトが提供したナンバーはどのようなシーンで使われているかはわからない。ただナンバーがアップして映るシーンで使われているという。

現在このDMCで使われたナンバーは、現品がトミークラフトで販売されている。当然現品なので、売れてしまえばもうないわけだ。

実は以前に言ったかどうか覚えていないが、トミークラフトで売られている中古ナンバーを始め、カスタムナンバーは映画やテレヴィドラマ、TVコマーシャルの撮影で多く利用されている。たとえば、ある自動車メーカーのテレヴィコマーシャルでの自動車にユーロナンバーが付けられていたりするが、それらのほとんどはトミークラフトが手掛けたものだ。

DMCという映画自体どんな映画なのかは判らないが、興味がある人は見に行ってみてください。ちなみに、エンド・クレジットにトミークラフト・ジャパンのロゴが入っているそうです。まあ大きさまではわかりませんが...

www.cent-21.com




くすぶる火種
eutag

   ジョージア(グルジア)情勢では、侵攻したロシア軍が黒海の最奥の港であるポチを管理下に置いているという。これはフランスも了解していると言うが、アメリカは猛反対しているようだ。

本当にポチのロシア管理に対しフランスは了解したのだろうか?

アメリカをはじめ多くの西側の国々が”新冷戦”構造の構築に恐怖感を感じている。

以前から世界景気が悪くなると、究極的・最終的には世界戦争が起こると何度もここで言ってきたが、もしかするとこのジョージア情勢がその引き金になるのだろうか?

ロシアがポチを事実上・占領すると、考えられるのはトルコをはじめとするロシア隣国の国々がより警戒感を強め、対立関係が鮮明になってしまうことである。そしてトルコはNATOのメンバーなだけに、もし何かによって、トルコとロシアが一戦をまじわえるようなことがあれば、それこそ世界大戦に拡大する可能性は否定できない。ロシアとトルコは歴史的に見ても何回も戦火を交えているだけに、心配だ。

そんな中、アメリカでは次期大統領候補であるマケインが勢力を伸ばし、今や対抗馬であるオバマを振り切る勢いである。アメリカ人は日本人同様にメディア・報道から多くの知識を得ているので、ここで新冷戦構造が出来つつあると多く報道されると、より右寄りで安全保障を基調とする同氏がより有利になるのだ。原油価格が一服しつつあるなか、安全保障が重要課題となれば、外交・安保の経験が豊富なマケインが圧倒的に優位になる。

ただブッシュ後継のマケインが次期大統領になると、かなりの確率でアメリカは破産に向かうのも間違いないだろう。

今、心配なのは、下がりつつある原油価格・コモディティーがこれらの新世界情勢により価格が再び上昇しだすという可能性だ。インフレが激しい欧州・東欧が今以上のインフレが続けば、よりナショナリスティックな動きとなり、ロシアとより対立感を深める。

...一難去ってまた一難の世界情勢はあまりにも動きが早く、情勢を理解してゆくだけでも複雑になってきている。

www.cent-21.com




日米同時利下げか?
eutag

   原油高は収まりつつあるが、物価上昇が止まらない。

アメリカでは、卸売物価指数が先月だけで1.2%上昇、この高さはレーガン政権初頭以降最も高い数値だそうだ。つまり十何年来の高さというのは本当である。

本来なら、原油価格が下落すれば、それに比例して物価は下落するはずである。しかし下降するどころか、上昇している。コモディティー価格も下落を始めているので、どこに資金が流れているのか見当がつかない。

ただ可能性があるのは、対ドル相場が以前に比べ対円、対ユーロにおいて、ドル高現象が最近みられるので、もしかするとドル建て長期債券に資金が流れているのかもしれない。

一般の我々には最も影響のあるインフレだが、アメリカにおいては、次回のFRB会議では再び金利を25ポイントほど下落させる可能性がある。しかし金利を下落させると、原油価格が再び上がる可能性があるだけに、これも確実に下がるとは言い切れない。

日本も最近インフレが激しくなってきているので、一般論的には金利を下落させる、というのが論だが、日本の金利はすでに非常に低い上、物価と金利を鑑みると事実上マイナスである。つまり実体経済も悪い上、仮に金利を下落させても、効果は全くないだろう。

それにもう一つ注意する必要があるのは、地政学的リスクである。つまり世界的に不景気が蔓延すると、戦争が起こるというのは以前論議した通りだ。

最近ニュースでは、ロシアとアメリカの新冷戦構造ができつつあると報道している。ただ本当のそうかどうかはわからないが、景気が悪くなると、必然的に市民に不満が蔓延し、ナショナリズムが噴き起こる。そうなると政府はより右方向の政策を採らざるを得なく、隣国や対抗する国々と緊張状態が出来てしまうのだ。

...以前、去年だったが、今年は最悪の年になるだろうと予想した。しかしその最悪期はまだ訪れておらず、今後秋以降景気はさらに悪化するだろう。

来年はどうなっているのだろうと考えると、まったく想像がつかない。

www.cent-21.com




原油価格はこのまま2桁に?
eutag

  原油価格の上昇が止まらない...ではなく、原油価格の下落が止まらない。今までは、連日価格が上昇していたので、まったく驚くことはなく、ため息だけが出る状況だったが、今度は急激に上昇していた分、下落するペースも速い。

しかし今、アナリストたちの間では、この下落ペースが当分続き、価格が2ケタ台に突入するのかどうか、というのが話題の焦点になっている。

今、フロリダを襲っているハリケーンも思ったほど勢いもなく、原油価格に何かダメージを与えるものではないと分かった時点から、価格が再びじりじりと下落している。

下落してきた大きな理由は、スペキュレーションによる原油市場から資金がどこか他へ向かっているのと、利益確定売りだと思われている。ただ逃げた資金がどこへ向かっているのかを見極めるのにはもう少し時間が必要だろう。

ただ価格下落による需給バランスはだんだん採れてきている状態になりつつあるので、ここらで再び逆張りをする投資家が現れてきても不思議ではない。

それに、オリンピック以降、政治、地政学的リスクを伴なうことが多くなり、価格はこれ以上下がらない状況になるかもしれない。

原油価格が下落するのは良いことだ。ただ原油価格が下がっても、多くの企業が今後の状況を心配し設備投資・消費しなければ、一般消費者もその恩恵を受けることは無く、閉そく感が漂った状況であることは変わりないだろう。

www.cent-21.com




ガソリン価格下落中
eutag

   今ガソリン価格が急激に下落してきている。

一時は近所のガソリンスタンドでも、ガロン当たり$4.75を超えていたが、今では$4.20程度まで下落した。とにかくガソリン価格が下落するのは大歓迎である。

しかしこれは一時的なものか、それとも投機の変動で下落しただけで、数週間内に何かをきっかけに再び上昇に転ずるのか?

まあ原油価格の今後・短期・中期的な価格は誰も予想できないだろう。もし数日内にテロが中国で起きれば、また中東でテロや動乱が発生すれば、再び急激に上昇するだろう。

ただ今は、価格が急激に上がった分、急激に下がった感が否めない。やはり上がった物は必ず下がるのだ。

日本ではガソリン価格は相変わらず上昇傾向だという。もうリッターあたり185円程度だという。恐らく日本では2カ月程度、9月の終わりあたりにアメリカ同様、価格が多少下落するのではないだろうか。これはガソリン小売価格のトレンドについては、2−3カ月程度アメリカを追っている形になっているからだ。

でも街のガソリンスタンドの価格が下落しているのは大歓迎だが、航空料金が下がる傾向が全く見られない。恐らくこれは、航空燃料の価格設定が、3−6か月インターヴァルになっているせいであろうか。それとも、他の経費を燃料サーチャージという消費者が決して分かりえない物を悪用しているのか。まあこれは恐らく両者だろう。

しかし短期的に見れば、ガソリン価格が下落基調な上、もし連銀が金利を上げればガソリン価格はさらに下落する可能性があるだろう。市場はそれを警戒して、原油に関しては利益確定売りを行っているのかもしれない。

www.cent-21.com






日本の人口が増えている
eutag

   先進国で人口が増えているのはフランスとアメリカだけである。まあこれは自然増ではなく、移民が増えていることによるものだ。これらの国では、南米からとアフリカからの人口移入で急激に増えている。

自分家の近所でも、10年前は、アメリカ生まれのアメリカ人が多く住んでいたが、今では、周りは外国生まれのアメリカ人だらけで、中国人、ロシア人、パレスティナ人、ウクライナ人、ヴェネズエラ、インドとインターナショナルタウンになってしまった。

インターナショナルになったのはそれなりに楽しいものがあるが、朝っぱらからインドの音楽を流されてはたまらない。でも時より家庭料理だろうか、おいしそうな匂いが漂ってくるのは良いものだ。

日本でも最近人口が増えているそうだ。これも他の先進諸国と同じように自然増ではなく、移民と言いたい所だが、増えた理由は、なんと世界的な景気低迷から、海外で仕事をしていた人が日本に戻ってきているからだという。

そうそうこれは、イギリス、ヨーロッパ本土やカナダ、オーストラリアなどでも同じ現象が見られる。

つまりアメリカやイギリスなど景気が絶好調な国に赴任や移住していた人達が、当該国で生活がきつくなったために、本国に戻っているのである。

まあ景気もそうだろうが、ドル安によって外国からアメリカのような消費大国への輸出が大きく減ったからだろう。反対にアメリカでは輸出が今のGDPを唯一維持させている要因になっている。

...今日、日本では、内閣改造が行われるそうだ。
...まあ何をやっても今のおやじ連中じゃ、景気はまともにならないし、悪くなる一方だ。

www.cent-21.com






▲PAGE TOP