最近のエントリー
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2011 >>
ブログ内を検索


RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS
ホテル業界・タオルにRFIDタグを装着
eutag

ホテル業界は、客がチェックアウト時にバスローブやタオルを持ち帰るのを防ぐため、無線IC(RFID)タグの導入を進めている、とメディアは報道している。

 USAトゥデイによると、綿の価格高騰や客室清掃係の不足に直面する業界は、シーツからベッドカバー、バスマットまで、リネン備品の監視方法としてRFID技術を活用している。

 備品追跡サービス「リネン・トラッキング・テクノロジー」のウィリアム・セルビン氏によると、ホテルのリネンは常に約5〜20%が行方不明になっている。同社は、在庫追跡技術開発のフルーエンシー(Fluensee)と提携し、無線ICタグを販売している。

 RFIDタグ付きのタオルは、普通のタオルより約1ドル高い。タグは折り曲げや洗濯が可能で、最長6フィートの距離からセンサーが読み取れる。タオルが収納室から持ち出されれば、リーダー・ステーションが残りの数を数え、係員に補充を促す。

 リネン・チップをホテルに販売するインボテック(InvoTech)のジェフ・ウェルズ氏によると、最も懸念されるのは宿泊客による盗難ではない。リネンの紛失が頻繁に起きるのは外部の洗濯業者に出した時だという。新システムを活用すれば、リネンの追跡に加え、洗濯代が正しいかどうか確認することも可能になる。

 しかし、マリオット・インターナショナルで室内製品開発を指揮するスコット・ミッチェル氏は「魅力的なシステムだが、コストが高過ぎて普及は難しい」と話している。

tomi craft japan











TCJ Hollywood















桃の本家争いが過熱 GA Vs SC
eutag

桃の生産が盛んな南部で、ジョージア州とサウスカロライナ州が「うちこそ桃の本家」と張り合っている。ジョージアは州の愛称が「ピーチ・ステイト」で、100年以上前から州外に桃を出荷しているが、生産量はかなり前からサウスカロライナに抜かれ、この夏は倍以上の差が付いている、とメディアは報道している。

 ニューヨーク・タイムズによると、ジョージアは1800年代末からニューヨークなどの東部都市に「エルバータ」と呼ばれる黄桃を出荷し始め、南北戦争後の南部復興とともに桃の主要産地となった。しかし1950年代になるとサウスカロライナが生産量で上回り、今年の出荷量は同州の9万トンに対してジョージアは4万トンとなっている。

 さらに、ジョージア大学の桃の研究事業は予算不足のため今年7月末で終了し、桃農家の地域会合もサウスカロライナで開催されるなど、ジョージアの旗色はかなり悪い。それでもジョージアの農家は量より質を重視し、「桃のおいしさはジョージアにしかない暑さと赤土の組み合わせによってのみもたらされる」と主張する。同州の農家ウィル・マギー氏によると、おいしい桃ができる条件は夜の暑さで「サウスカロライナの夜は涼し過ぎる」という。

 ジョージアの業界はマスコット・キャラクターなども起用し、特別かつ季節限定の果物として同州産の桃を売り込んでいる。 少なくともインターネット利用者には効果があったようで、2004年以降のグーグル検索件数は「ジョージア・ピーチ」が「サウスカロライナ・ピーチ」を約20%上回っている。

 ただし、桃のおいしさには雨量や気温、土壌や品種、収穫してから食べるまでの時間など、さまざまな要因が絡んでくるため、どちらの州が優秀かは一概に判断しにくい。ちなみに桃出荷量の全米最大州はカリフォルニアで、「本家」2州を合わせてもその6分の1にしかならない。

tomi craft japan











TCJ Hollywood















Twitter・新たな広告手法を開始
eutag

マイクロブロギング・サービス最大手のツイッター(Twitter)は、収入モデルの拡充を図るために、プロモーテッド・ツイーツ・フォー・フォロワーズ(promoted tweets to followers)という新たな広告事業を立ち上げた。数週間以内に始動する見込み、とメディアは報道している。

 約2億人と言われる登録利用者から寄せられる140文字以内の投稿を掲載するツイッターのウェブ・ページには、利用者たちが好きな投稿者を追跡できる仕組みがある。追跡する利用者は「フォロワー」と呼ばれる。

 ウォール・ストリート・ジャーナルによると、以前、化粧品販売大手のセフォラが、人気テレビ番組のファンで構成されるツイッター・ページで販促活動を実施した際、その反応が「予想より700%多かった」という大成功を収めたため、ツイッターでは「フォロワー」の仕組みを活用する新たな広告手法の開発に取り組んできた。

 ツイッターには、コカ・コーラやスターバックス、デル、マイクロソフトを含む大企業が自社ブランドを「フォロー」してもらおうと、ファンのためのページを開設している。

 新たに立ち上げられる広告手法では、「つぶやき(短信投稿)」内容の更新や検索時に、利用者らが「フォロー」する投稿者や共通の知人らの「つぶやき」に混じって広告がページ最上段に表示される。

 上述の企業のほか、赤十字社を含む非営利団体、さらにホテルや航空といった幅広い業界の各社がプロモーテッド・ツイーツ・フォー・フォロワーズに参加する計画だ。

 市場調査会社エズザクトターゲットによると、ツイッター利用者のうち約20%がブランドを「フォロー」しており、広告市場としてツイッターを重視する企業各社は激増中だ。

tomi craft japan











TCJ Hollywood















LA・自転車をいじめちゃダメ
eutag

ロサンゼルス市議会は7月20日、自転車に乗る人(サイクリスト)を、自動車を運転する人(ドライバー)のハラスメントから保護する、画期的な新法を可決した。ロサンゼルス・タイムズによると、新法は、ドライバーがサイクリストに対して、言葉および身体的な脅威を与えると犯罪とみなし、被害者は市による刑事罰を待たずに裁判所に提訴できるというものだ。

 08年の国勢調査のデータによれば、ロサンゼルス在住者で通勤に自転車を利用している人は、約1万3000人で、過去8年間で48%も増加した。

 こうしたサイクリストの増加に伴い、自転車と車との衝突事故が増えている。ドライバーは、サイクリストが交通規則を無視していると非難する。一方、サイクリストは、ドライバーが自転車を一段低く見ている、と抗議する。

 新法では、サイクリストは、民事裁判でドライバーを訴え、被害額の最高3倍の賠償金と弁護士費用を請求することが可能になる。新法の策定を支援したロス・ヒルシュ弁護士は、賠償金が高額になる可能性があるため、引き受ける弁護士は多いだろうと見積もる。

 ロサンゼルスは過去2年間で、サイクリストを保護する法律を次々と可決し、全米の注目を集めている。たとえば、ロサンゼルス市警は、今年、自転車タスクフォースを結成し、サイクリストを保護する交通規制を警察官に周知させるプログラムを立ち上げた。また、市は今年初め、新たな自転車専用道路を建設する計画を可決している。

 カリフォルニア州議会も、車が自転車を追い越す際、最低でも3フィート(91センチ)は間隔をあけることを義務付ける法律を検討している。この法案の共同提案者は、ロサンゼルス市議会だ。

tomi craft japan











TCJ Hollywood















グルーポン・自動車販売では失敗
eutag

割引券共同購入サイトのグルーポン(Groupon)による自動車販売市場への進出は、期待を大きく下回る結果となった、とメディアは報道している。

 オートモーティブ・ニューズによると、ミシガン州ハイランドでビューイックやGMC、キャデラックを販売するラフォンテーヌ自動車販売店では、新車購入に適用される500ドルの割引券(199ドル)が4枚しか売れなかった。ラフォンテーヌの場合、割引券が有効になるための最低販売枚数を10枚と設定していたため、同社とグルーポンは、販売期間の延長と発券有効下限の引き下げを検討したほどだ。結局、有効販売数に届かず、発券されなかった。

 グルーポンは、自動車関連サービスにおいて割引券共同購入を成功させたことから、車販売でも同サービスが成功するかどうか注目されていた。

 グルーポンは今回、購入者に発券せずに返金したが、ラフォンテーヌのミルナー販売担当責任者は4人のうち2人に新車を割り引き販売した。

 空振りに終わった理由はいくつか考えられる。グルーポンを通じて販促される商品は、100ドル未満が一般的で、しかも元の価格も分かる。しかし、自動車販売の場合、販売店が500ドルの割引券を199ドルで提供しても、車の販売価格を釣り上げて割引分を相殺する可能性を危惧した消費者もいたようだ。

 そのほか、最低でも割引率50%は当たり前で、なかには70〜90%の割引もあるグルーポン・サービスにあって、3万ドルの車に対し割引額が500ドルでは魅力に欠けるという印象も原因になっている。

 グルーポン型サービスでは、レストランやマッサージ、美容、歯科サービス、花といった商品で販促効果が高く、新車販売には向かないことが改めて証明されたと言える。

tomi craft japan











TCJ Hollywood















自動車設計・ボタン1つで模型を製作
eutag

プラスティックや金属素材を幾層も重ねて立体を作る3D印刷技術の発達で、自動車のデザイン作業が劇的に変わりつつある、とメディアは報道している。

 USAトゥデイによると、ついこの間までは、設計担当者が新しい車や部品のアイデアを思いつくと何人もの彫刻・鋳造担当者が作業に取りかかり、時間をかけて試作品を作っていた。ところが今は、デザイナーがコンピュータで立体図面を書き、ボタンを押すだけで機械が実物大の部品模型や車全体の縮小モデルを作り出せるようになった。

 こうしたラピッド・プロトタイピング(RP=迅速な模型製作)分野のリーダーを自認するゼネラル・モーターズ(GM)は、「RPによって創造的作業の時間が短縮し、粘土モデルや部品鋳造にかかるコストと時間を減らせる」と話している。プラグイン・ハイブリッド車「シボレー・ボルト」の開発では、内装部品のアイデアがうまく機能するかどうか、思いついたその場でテストされたという。

 特にバンパー、ダッシュボード、グリルなどは、流体力学的にどれが最も優れたアイデアかを検証する必要があり、速く簡単に模型ができればすぐに風洞実験ができる。もっとも、最新の設計用ツールでは画面上の風洞実験も可能なため、「仮想実験」で最有力候補だけに絞ってRPで模型を作ることもできる。

 GM流体力学部門のエンジニア、スザンヌ・コディ氏によると、RPは、実物大の模型や車を作る前の、初期の流体力学実験で使われる3分の1モデルの精度改善に貢献している。エンジン室内や車体下側の気流を滑らかにすることは、エンジンを冷やし抵抗を減らす上で非常に重要だが、これまでは発泡スチロールや木で車の前面やエンジンの大まかな模型で気流をチェックしていた。ところが最近は、極めて詳細なエンジン、トランスミッション、ブレーキライン、ドライブシャフト、排気システム、サスペンションなどの部品模型が簡単に作れるようになった。

 コディ氏は「結果的に模型と実物大の車の気流計測値が近くなり、プログラム後期でコストのかさむ変更を強いられることが減った」と話した。

tomi craft japan











TCJ Hollywood















エナジースター・サムスンやパナソニックが獲得
eutag

米連邦政府はこのほど、「エナジースター」認証を与えられた省エネ製品の中から最も優れた製品を認定した。サムスン電子やパナソニックの製品が含まれている、とメディアは報道している。

 ロイター通信によると、環境保護局(EPA)とエネルギー省は、エナジースターを獲得している4万超の商品の中から、洗濯機、冷暖房機器、テレビ、冷蔵・冷凍庫の部門別に、最優秀を示す「Energy Star Most Efficient」の称号を授与した。最優秀認定を獲得した企業はほかに、エレクトロラックス、ケンモア、LG電子などがあり、認定割合はエナジースター製品全体の5%。

 EPAによると、最優秀認定を獲得するためには、冷蔵・冷凍庫なら標準モデルよりエネルギー効率が約30%、テレビだと80%上回る必要がある。冷蔵・冷凍庫では約1800製品中15製品、テレビは1400製品中18製品が基準を満たした。

 エナジースター事業は、「エコラベル」として最も認知されている一方、ひとたび認証されるとメーカーがそれより高い品質を追求しないという弊害もあった。EPAは今後、製品の性能を調査しながら基準を随時調整していく方針だ。

tomi craft japan











TCJ Hollywood















綿花相場・今度は急落
eutag

春には高騰していた綿花の価格が現在は急落しており、紡績工場やアパレルメーカーを困惑させているとメディアは報道している。

 ウォールストリート・ジャーナルによると、綿花相場は今月に入って38%低下(22日現在)しており、2011年3月4日のピーク時からは53%も落ち込んでいる。下げが続くのか再び上がるのか予想は難しく、アパレル世界最大手VFのエリック・ワイズマン最高経営責任者(CEO)は「綿花がこれほど激しい動きを見せるのは初めて」と話している。

 現在の下げ相場が小売商品に反映されるのは来年の晩春以降となるが、衣料品メーカーは向こう数カ月間に綿製品の価格を高く維持すべきか下げるべきかの決断を迫られることになる。

 綿花相場は、アジアの生産地における悪天候や需要の高まりを受け、10年7月〜11年3月に2倍に高騰し、ピーク時には1ポンド=2.1515ドルと商品取引140年の史上最高値を記録した。ところが先週のインターコンチネンタル取引所(ICE)では、11年12月の出荷商品が98.63セントまで低下している。

 メーカーは昨年末の価格高騰時、商品を値上げするか、据え置いて薄利を受け入れるか、別の低価格素材を使って商品を作り直すか、装飾を減らすかといった選択を迫られた。中でもTシャツやジーンズなど安さを求められる商品は、原材料コストが生産コスト全体に占める割合が高いため、激しい価動きの影響を受けやすい。

 特に下着メーカーは、繊維コストが生産コストの60%を占める。大手のヘインズブランズは今年すでに値上げし、10〜12月期にも再値上げを予定しているが、現在は12年下半期の価格設定をどうするか小売店と協議中で、価格を高く維持しながら1パックの商品数を増やすといった下げ相場対策も検討している。

 価格高騰時に綿花を仕入れた外国の工場の多くは、需要が低下したため高値を維持できないとみて、取引先に契約の中止を申し入れている。世界最大の綿花消費国である中国では、6月の綿花輸入量が前年同月比で32%低下した。米国の綿花輸出量は、11年7月期に1450万ベイルに達したと推定されるが、農務省は12年7月期の見通しを1200万ベイルと8%下方修正している。

tomi craft japan











TCJ Hollywood















次なるキラー・アプリは位置ベース・ゲーム
eutag

次世代のキラー・アプリケーション(劇的な支持と人気を獲得できるアプリケーション)として、位置ベースのビデオゲームが注目されている。

 過去5年間にベライゾン・ワイヤレス(Verizon Wireless)やマリオット(Marriott)向けに、最新動向を分析して事業戦略を構築したモクシー(Moxie)のグレッグ・スティーン氏がマッシャブル誌に寄稿した。

 位置ベースのゲームは、頭角をすでに現し始めている。

 同氏によると、「シャドー・シティーズ(Shadow Cities)」というアイフォーン用ゲームでは、プレイヤーが様々な場所で「チェックイン」し、その位置情報をもとに同じグループのプレイヤーと協力したり、領土獲得をかけて対戦できる。

 フィンランドで開発された同ゲームは最近、米国でも発売されて利用者を急増させている。

 位置ベースのゲームは、企業の販促担当者にとって消費者と通じる格好の手段になると期待される。利用者の位置に応じて製品ロゴや製品そのものがバーコード・スキャンや画像認識、あるいはGPSによってゲーム内に組み込まれることを可能にするもので、新たな標的広告手段として関心を集めつつある。

 モバイル・ゲームの人気上昇の背景には、スマートフォンの普及や、ゲームに対する関心の高まりがある。調査会社イーマーケターによると、米国内携帯電話利用者の31%はスマートフォンを使い、その割合は2015年までに43%(1億100万人)に達する見通しだ。また、1億8300万人の米国人が1日1時間をゲームに費やしているという調査結果も報告されている。

tomi craft japan











TCJ Hollywood















レクサス販売・ハイテク業界復活で高級車需要回復
eutag

ハイテク業界の復活が高級車の需要回復に貢献している、とメディアは報道している。

 ウォール・ストリート・ジャーナルによると、カリフォルニア州北部で最大の高級車ディーラーを自認する、サンタクララ市スティーブンスクリークにあるレクサス販売店のブランダン・ハリントン社長は、シリコンバレーの活況のおかげで売り上げを大幅に回復させた。販売台数は、リセッション(景気後退)以前のピークだった07年のひと月当たり約250台から、その後は150台まで落ち込んだが、現在では1台5万ドル前後のレクサス車を平均200台さばいている。

 ハリントン氏は「ハイテク・ブームと直結している」としたうえで、「(顧客から)株が上がったから買う、ボーナスが良かったので買うと定期的に言われる」と説明した。同店一番のお得客は、アップルの従業員という。

 バレーでは折りしも、リンクトインが新規株式公開(IPO)を果たしたほか、ジンガやフェイスブックもIPOを計画しており、従業員は株式を現金に換える機会を手にする。

 ハリントン氏によると、高級車販売の回復は自動車市場全体にとって良い兆しだ。サンタクララ郡では実際、新車登録台数が10年、前年の4万1000台から5万台に増加した。

 シリコンバレー自動車ディーラー協会のスティーブン・スミス代表は、加盟店の売り上げが11年に12%増加し、13年には07年レベルまで回復すると予想している。

tomi craft japan











TCJ Hollywood















日本人女性に共感続々・米空港身体検査で一時拘束
eutag

アリゾナ州フェニックスの空港で、身体検査をしようとした保安検査官に抵抗し逮捕、一時身柄を拘束された日本人女性に、ネットを通じ応援と共感のメッセージが集まっている。米国ではテロ対策のため空港での検査が強化されているが、入念に体を触ったり全身スキャン装置を使う手法に反発が広がっていることが背景にある。

 女性は翻訳家でジャーナリストの宮前ゆかりさん(61)。AP通信によると今月14日、女性検査官の胸をつかむなど性的暴行の疑いがあるとして逮捕されたが、間もなく釈放。その後検察当局は性的暴行などの重罪には該当しないとして、軽犯罪に当たるかどうか調べている。

 米メディアが事件を報じ、交流サイト「フェイスブック」などに支援ページが作られた。その一つ「宮前ゆかりに無罪を」は事件から約1週間で4000人以上がお気に入り登録。カンパを募るページもでき、弁護人のジャッド・ゴールデン弁護士によると1000ドル以上が集まった

tomi craft japan



















TCJ Hollywood















ボルボの安全技術・低速の追突防止に有効
eutag

スウェーデンの自動車大手ボルボが一部のモデルに搭載している衝突回避技術「シティ・セーフティ」が、混雑時の事故防止に大きな効果を挙げているとの分析結果を、保険業界の研究機関「ハイウェイ損失データ研究所(HLDI)」が公表した、とメディアは報道している。

 AP通信によると、同技術が標準搭載された2010年型スポーツ多目的車(SUV)「XC60」は、搭載されていない同社・他社の中型SUVに比べ、前の車への低速追突事故が大幅に少なかった。具体的には、物損の保険申請がXC60は他の同等モデルより27%少なく、人身の保険申請は51%少なかった。

 自動車メーカーは数年前から高速の衝突事故を防止する安全技術を提供しているが、シティ・セーフティはより頻繁に起きる時速20マイル以下の低速衝突を対象にした初のシステム。時速2〜19マイルで走る時にフロントガラスに埋め込まれた赤外線センサーが作動し、先行車の動きを監視する。フロントバンパーと前の車の距離が18フィート以内になると、自動的にブレーキがかかる。

 ボルボは10年型からXC60に同技術を標準搭載しているほか、セダン「S60」の11〜12年型、同「S80」とワゴン「SC70」の12年型にも標準搭載している。

 HLDI報告書は、この技術によって2台の車の速度差が時速9マイル以下の場合は衝突を回避できる可能性が生まれ、差が9〜19マイルの時には、衝突は回避できないかもしれないが車や人体への損傷を軽減できると結論づけた。時速19マイルより高速の時には技術は機能しない。

 HLDIのエイドリアン・ランド代表は「これは先進技術の現実的な効果を分析した最初の調査で、結果は有望。不注意運転の危険性が叫ばれる中、こうした追突回避技術は、渋滞時に一瞬の不注意で起きる事故を防ぐ助けになる」と話した。

tomi craft japan











TCJ Hollywood















▲PAGE TOP