最近のエントリー
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2011 >>
ブログ内を検索


RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS
カリフォルニアからビーチが消える?
eutag

温暖化や気候変動で、カリフォルニア沿岸の海面の水位上昇が予測されている。上昇の度合いによってはビーチが消滅し、海水浴客や観光収入に頼る南カリフォルニアの財政に大きな影響を及ぼしそうだ、とメディアは報道している。

 ロサンゼルス・タイムズによると、サンフランシスコ州立大学の経済学者らが調査した結果、地球温暖化と気候変動で海水の温度が上昇すると、波が高くなり、海岸の侵食が進行する。ビーチは減少あるいは消滅し、野生動物の生息地が失われ、人間のレクリエーションの場所もなくなると予測される。

 科学者たちが見積もっているように、2100年までに太平洋の水位が55インチ上昇した場合、ベニス・ビーチの観光収入と税収は、最高で4億4000万ドル減少する見通しだ。マリブのズマ・ビーチとブロード・ビーチも、侵食が進めば5億ドル近い収益減になる。州北部でも、サンフランシスコのオーシャン・ビーチが、21世紀末までに嵐などの影響で侵食が進み、土地や建物が5億4000万ドル相当の被害を受ける可能性がある。

 研究者らは、水位の上昇に備えてビーチ周辺に防御壁を築き、海岸の砂を補充するとともに、住宅や建物を海岸線から離れた場所へ移動させるべきだと主張している。

tomi craft japan











TCJ Hollywood















糖尿病予防に5つの法則
eutag

中年以上の男女が5種類の健康的な生活習慣を組み合わせて実行することで、成人に多い2型糖尿病を患う危険性が最高で80%低下することが、国立衛生研究所(NIH)の調査で分かった。

 ウォールストリート・ジャーナルによると、NIHは、予防につながると考えられる健康的な食事、運動、標準体重の維持、禁煙、適度な飲酒の5つの行動と糖尿病の因果関係を、個別または組み合わせごとに分析した。その結果、5つのうち1つだけでも習慣化すれば、2型糖尿病にかかるリスクを減らせることが判明した。

 厚生省疾病対策センター(CDC)によると、米国では2010年、2600万人が2型糖尿病と診断された。死因では7番目に多い。

 今回の調査は、NIHと全米退職者協会(AARP)が1995年に共同で開始した食事と健康に関する調査に参加した50〜71歳以上の20万人以上が対象。調査開始当時はいずれも心臓病やがん、糖尿病を患っていなかった。約11年の期間中、男性の約10%、女性の8%が糖尿病にかかった。

 5つの生活習慣全てを実行した人は「ベスト」、全くしない人は「ワースト」と区分けされ、参加者が継続した習慣は平均で2つだった。中でも体格指数(BMI)と糖尿病リスクとの結び付きが最も強く、標準体重を維持すれば男性で70%、女性で78%の割合で糖尿病を避けられることが確認された。

tomi craft japan











TCJ Hollywood















▲PAGE TOP