最近のエントリー
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2015 >>
ブログ内を検索


RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS
家庭向けIoTの標準規格策定が前進か 標準化組織のOICとUPnPが合併
eutag

モノのインターネット(IoT=Internet of Things)の推進団体で標準規格を策定しているオープン・インターコネクト・コンソーシアム(OIC=Open Interconnect Consortium)は、通信機器の接続規格を策定するユニバーサル・プラグ・アンド・プレイ(UPnP)を吸収した。IoT技術を家庭内通信網環境に取り込むのが目的だ。

 15年前に発足したUPnPはこれまでに、通信機器向けの標準規格を策定している。同規格に準拠する通信機器は、通信網上で検出でき、ほかの機器を介して制御できる。特に家庭内無線通信網では欠かせない規格となっている。現在、通信網に接続している30億個の機器で同規格が採用されている。

 PCワールドによると、OICはUPnPを吸収することで、UPnPが保有する事実上すべての資産を獲得し、その見返りとして、UPnPの加盟全社にOIC会員権を提供する。UPnPにはおよそ1000社が加盟している。

 OICは最終的に、家庭内通信網に接続するIoT機器も含めた全IoT機器に関する標準規格を策定する計画だ。

 OICとUPnPのそれぞれの準拠製品認定については、当面、それぞれの基準でそれぞれに実施される。UPnPが機器同士の接続確立や初期設定の制御に焦点を合わせるのに対し、OICはそれらの機器上で稼働するアプリショーンの制御に取り組む。

 一方、IoTの標準規格をめぐっては、オールジョイン(AllJoyn) framework)という別の枠組みでも規格策定に乗り出している。

 OICにはインテルやサムスンが加盟している。クアルコムの規格策定計画から派生したオールジョインには、シスコ・システムズやマイクロソフトが参加している。

tomi craft japan












TCJ Hollywood


MIT、革新的な暗視用チップを開発   車やスマートフォンにも搭載可能
eutag

マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究班は、暗視ゴーグルのような赤外線画像装置よりはるかに強力な暗視機能をもたらす新型チップを開発したことを明らかにした。

 同チップを応用すれば、たとえば、完全なる暗闇のなかでも壁を透視して犯人や被害者を見つけることも可能になり、警察や救助隊、兵士に革新的機能をもたらす可能性がある。

 暗視機器はこれまで、極低温冷却を必要とし、しかもかなり重くなり、開発費も高額で、作動も遅いことから、非実用的だった。

 アントレプレナー誌によると、MITの研究班が今回開発したのは、グラフィーン(graphene)と呼ばれる素材が使われたチップで、「それを用いた赤外線検知器は、スマートフォンやラップトップに搭載できるほど小さい」と共同研究主任のトーマス・パラシオス氏は説明している。

 グラフィーンは、非常に軽量でありながらも鉄の100倍の強度がある。また、赤外線を検知する素材としても知られる。

 研究班は、微視的な検知器チップをグラフィーンでつくり、さらに、信号の伝達にもグラフィーンを使うと同時に、エアー・ポケット内にチップをつるす設計によって空冷を可能にした。その結果、小型化と冷却が実現した。

 試作品の実験では、暗闇のなかで人の手のかたちを検知できた。目標は、解像度を大幅に上げることで応用範囲を広げることにある。

 パラシオス氏によると、グラフィーン製のチップや検知器は、たとえば、車のウィンドシールドに埋め込まれることで、進行方向の道路を見ながら状況を認識できる暗視システムが考えられる。

 あるいは、スマートフォンに搭載することで、暗視した状況をスマートフォン画面に映し出すことも可能となる。

 いずれによせ、同研究はまだ初期の実験段階で、実用化にはしばらくかかるもよう。

tomi craft japan











TCJ Hollywood













制限空域を飛ばないようにするソフトウェア   中国のドローン大手が開発
eutag

中国の無人飛行機(ドローン)製造最大手DJIは先日、ドローン愛好家らが制限空域にドローンを飛ばせないようにする新たなシステムを発表した。

 地理空間環境オンライン(Geospatial Environment Online)と命名された同システムは、ジオフェンシング技術を使うことで、飛行禁止空域やそのほかの飛行制限情報を利用者に提供し基本設定に組み込むことで、そういった空域を飛べないようにする。

 ジオフェンシングとは、位置情報を使って仮想の柵を構築する仕組みと、それに反応する技術。一般的には、GPSやワイファイ、ビーコンの信号を使って仮想柵の内外への移動を検出する。小売業界では消費者の往来をそれによって検知し、デジタル割引券や特売情報を柵内消費者のスマートフォンに自動送信する販促に活用されている。

 DJIが開発した新システムではまた、ドローンが刑務所や発電所、そのほかの重要施設に接近すると警告を発する機能も可能にした。そのほかにも、山火事や大型競技場での催事にともなう一時的な飛行禁止情報の通知も可能となる。

tomi craft japan











TCJ Hollywood













新しい国際物流拠点に米3都市 CBREの世界調査
eutag

世界最大の事業用不動産サービス会社CBREはこのほど、向こう10年間に国際貿易ネットワークで重要な役割を果たすようになると見られる世界の20都市を発表し、米国ではフィラデルフィア、マイアミ、シアトルが選定された。

 ウォールストリート・ジャーナルによると、米国以外ではドイツのベルリン、オランダのアムステルダム、韓国の釜山、中国の蘇州などが含まれた。これらの新興物流センターは、企業のインフラ投資、貿易促進政策、産業の中心地や消費者が増える地域に直結するといった条件から恩恵を受けており、企業は製造のための供給網や輸送網の拠点としてこうした都市に集まっている。

 CBREの米産業調査責任者デイビッド・イーガン氏はこれらの都市について、「大きな輸送拠点、港、工場、消費地の周辺が多く、貨物と人が交わる場所」と説明する。フィラデルフィアからリーハイバレー、ハリスバーグに広がるペンシルベニア州東部の場合、数時間以内で巨大な消費地につながる。

 オンラインで買い物をする消費者が増え、注文品が配送センターで取り扱い・出荷される社会では、人口が集中する場所に近いことがますます重要になる。マイアミは大陸南東部の成長都市や産業地帯に向かう商品の入り口に当たるために、港への投資と輸送インフラの拡張が良い時期に行われている。シアトルは、大規模港湾と成熟し洗練されたテクノロジー経済が地域と国際市場をつないでいる。

tomi craft japan











TCJ Hollywood













ソーシャルメディアが大活躍 同時テロ直後の情報伝達で
eutag

パリで起きた同時多発テロ事件では、事件の詳細が不明な段階からソーシャルメディアが情報提供や支援の呼び掛けで大いに役立ち、即時性ではニュースに先行した。

 ニューヨーク・タイムズによると、フェイスブックがテロ発生を受けて起動したツール「Safety Check(安否確認)」には、被害があった地域のユーザーが他のユーザーに自身や友人が無事だと通知できる機能がある。フェイスブックは2014年、自然災害時に5回このツールを利用可能にしたことがあるが、人災での起動は今回が初めて。

 ツイッターも同時に、10月に発表した新機能「Moments(モーメンツ)」をテロ関連ニュースや著名人からのメッセージを集約する機能として提供。俳優のサルマ・ハエックやエマ・ワトソン、米大統領選党代表候補のドナルド・トランプ氏やヒラリー・クリントン氏が投稿した。

 このほか、パリ市民はツイッターのハッシュタグ「#PorteOuverte(ドアは開いている)」を通じて、避難場所を求める人に「うちにおいで」と呼び掛けた。同様に「#prayforparis」は、10時間で著名人を含む670万件の投稿に使われた。

 「#StrandedInUS」は、フライトの欠航や遅れでフランスへ帰れなくなった米国内滞在者に対し、宿泊用に自宅のスペースを提供するハッシュタグとして利用された。

tomi craft japan












TCJ Hollywood


スパコン開発、エネルギー効率に重点移行   世界最速は3年連続で天河二号
eutag

最新の世界スーパーコンピュータ・トップ500番付けをみると、スーパーコンピュータの開発は最近、パフォーマンスの強化よりもエネルギー効率の向上に重点が移行していることがうかがえる。

 最新の順位では、中国の天河二号(Tianhe-2)が毎秒33.86ペタフロップ(1秒あたり1000兆回の浮動小数点演算)で6期(1期は半年)連続で首位を維持した。

 トップ500は、米国とドイツのスーパーコンピュータ専門家らによって年に2回発表される。11月16日に発表された今回の番付けは46回目。

 コンピュータワールドによると、同番付けの関係者らは、スーパーコンピュータのパフォーマンスという観点では成長が鈍化している代わりに、多くの開発元が、「1ワットあたりのフロップ数(flops/watt)」という概念での計測に重点を置き始めている、と指摘する。

 エネルギー効率でみると、NECが東京工業大学のために2年前に開発した「つばめKFC/DL」が首位で、その演算効率は1ワットあたり4.86ギガフロップ(1秒あたり10億回の浮動小数点演算)。2位から7位までは中国勢が独占した。

 高エネルギー効率上位7つのスーパーコンピュータのすべては、インテル・ジーオンE5(Intel Xeon E5)とエヌビディア(Nvidia)のテスラ(Tesla)を搭載している。

 トップ500に番付けされた米国製システムの数は、前回(7月版)番付けでの231から201に減少し、欧州のシステムも141から107に減った。その代わり、37から109に激増させた中国が欧州を抜いた。

 日本の最高位は京(K)の4位で前回と変わらず。天河二号の演算速度は毎秒3京3862兆回(京は1兆の1万倍)で、京の1京0510兆回の約3.2倍。上位500に入った日本製システムの数は36だった。

 トップ500番付け最新版の全順位は「http://www.top500.org/list/2015/11/」に掲載されている。

tomi craft japan












TCJ Hollywood


燃料安でトラック輸送が有利に 鉄道業界幹部が見通し
eutag

燃料価格の低下に伴い、物流業界ではトラックの競争力が再び高まっている。

 ウォールストリート・ジャーナルによると、鉄道会社は長年にわたってインターモーダル輸送(複合一貫輸送)の構築に取り組んだ結果、コンテナ積み替えの時間が短縮されるなどしてトラック会社と競争できるようになった。燃料価格が高騰した時期、鉄道は安い選択肢として需要が高まった。

 ところがディーゼル燃料価格が1年で約30%も低下した現在、鉄道大手ユニオン・パシフィック(Union Pacific、ネブラスカ州)のエリック・バトラー営業担当副社長は「燃料コストの低下で、鉄道に対するトラックの競争力が高まっている」と話している。同社の国内インターモーダル事業は今も伸びており、2015年も7年連続で過去最高の取扱量を記録する見通しで、国際取引は中国経済の減速などによって減少している。

 米鉄道業界のインターモーダル輸送量は、14年に前年比5%増のコンテナ1350万個と過去最高を記録し、大手では売上高の約22%を占めたが、15年は現在までで昨年同期比2.4%の伸びにとどまっている(米国鉄道協会調べ)。

 トラック輸送は出発地と目的地を直接結ぶことができる上、荷物が鉄道より早く着く可能性が高く、鉄道はインターモーダルで目的地近くまでコンテナを運んでもその後はトラックを使うことになるため、料金が同じなら鉄道よりトラックを選択する荷主が多い。ユニオン・パシフィックでは第3四半期(7〜9月)の国内インターモーダル取扱量が1%しか増えておらず、今後も鉄道からトラックに切り替える荷主が増えると見ている。

tomi craft japan












TCJ Hollywood


PBS NewsHour full episode Nov. 25 2015
eutag



tomi craft japan












TCJ Hollywood


Nightly Business Report November 25, 2015
eutag



tomi craft japan












TCJ Hollywood


シリア問題の根本は気候変動 英チャールズ皇太子が発言
eutag

英国王室のチャールズ皇太子(67)はこのほど、シリアの内戦、テロ、それによって生じた欧州の難民危機は、気候変動が根本原因の1つであるとの見解を示した。

 ロイター通信によると、皇太子は英スカイ・ニュースとのインタビューで、こうした状況を「問題に対処しないという古典的な悪例。一部の人は20年以上前から、こうした問題に取り組まなければ乏しい資源をめぐる争いが増え、干ばつ問題が拡大し、気候変動による影響で人々が移動しなければならなくなると指摘していた」と話した。

 また「今のシリアの惨状は、5〜6年にわたった干ばつで最終的に多くの人が土地を離れざるを得なくなり、都市移住者が増えたことが主因の1つだという証拠が実際にある」と述べ、「気候変動と紛争やテロとの間に直接の因果関係があるのか?」という質問には「絶対にある」と断言した。

 さらに「私たちは、私たちが自然環境に対して行ってしまっている根本原因に決して向き合おうとしない。今、気候変動に対処しないともっと深刻な問題が待ち受けている」と強調した。

 インタビューはパリで同時多発テロが発生した今月13日より前に収録され、23日に放映された。



tomi craft japan











TCJ Hollywood













PBS NewsHour full episode Nov. 24, 2015
eutag



tomi craft japan











TCJ Hollywood













Nightly Business Report November 24, 2015
eutag



tomi craft japan











TCJ Hollywood













ロボット市場の好景気にみる5つの動向 バンク・オブ・アメリカが報告
eutag

ロボティクス業界は昨今、好景気を迎えており、その傾向はしばらく続く見通しだ。

 バンク・オブ・アメリカ・メリル・リンチ(Bank of America Merrill Lynch)によると、2014年における世界ロボット販売高は過去最高の107億ドルを記録し、向こう数年間は成長が持続すると予想される。

 フォーチュン誌では、バンク・オブ・アメリカの調査報告書をもとに、ロボティクス業界に関する5大傾向を次のようにまとめた。

1.ロボットの価格は低下、能力は上昇

 溶接ロボットの平均価格は2005年に18万2000ドルだったが、周囲の状況を認識できる機能を備えた高性能型溶接ロボットの平均価格は2014年に13万3000ドルだった。また、価格が10万ドルのロボットはこんにち、10年前のロボットの2倍の仕事量をこなすことができる。

2.中国が最大のロボット購入国

 中国は2014年に5万7000台のロボットを購入した。ロボット世界販売台数の約4分の1に相当すると同時に、2年連続の世界最大だ。中国では、産業ロボットの導入台数が工員1万人あたり35台。日本の300台、ドイツの385台に比べるとまだかなり少ないが急増している。

3.自動車業界が最大のロボット市場

 2010年以来、自動車製造業界はロボット導入数で最大の業界。2014年には、世界で販売されたロボット2台のうち1台近くは自動車製造工場に納品された。その背景には、工員の人件費抑制という狙いがある。米国の場合、溶接工の時給は25ドル近くだが、ロボットを使えば8ドルですむ。

4.ロボットは雇用機会を奪うか

 ロボットが雇用機会を奪うことは確実だが、それは職種や分野に左右され、また、ロボットによって創出される雇用機会もある。反復作業ではロボットが工員の職を奪うと予想され、それは自動車業界ですでに起きている。その一方で、ロボットによって反復作業から解放された人材が別の雇用機会に流れるため、一部の専門家らが主張する雇用危機ほど職が奪われるわけではないという議論もある。

5.若い世代は金融サービスをロボットに託す

 ロボティクスと人工知能の進化によって恩恵を受ける業界の一つが金融サービス(資産運用、資産管理、投資助言)だ。昨今、高級の資産管理専門家を雇うよりソフトウェア・アルゴリズムによる「ロボ分析家(robo-analysts)」を使うことに抵抗感を覚えない若い資産家が増えている。バンク・オブ・アメリカでは、運用資金25万ドル以下の顧客の口座を対象に、ソフトウェアによって各種の助言を提供するロボ助言者(robo-advisor)ソフトウェアを開発中だ。

tomi craft japan











TCJ Hollywood













Nightly Business Report November 23, 2015
eutag



tomi craft japan











TCJ Hollywood













ファイザーとアラガン合併へ 1500億ドル超、今年最大級
eutag

製薬大手ファイザー(Pfizer、ニューヨーク州)と、アイルランドに拠点を置く同業のアラガン(Allergan)は、両社の合併に大筋で合意した。合併規模は1500億ドルを超え、実現すれば世界最大(売上ベース)の製薬会社が誕生する。

 ウォールストリート・ジャーナルが関係筋の話として伝えたところによると、取り引きにはアラガン株1株に対してファイザー株11.3株の交換に加え、現金の支払いが含まれる。

 両社の合併は今年最大級になるだけでなく、インバージョン(税率が低い国への本社移転)でも過去最大規模に上る。米政府は節税目的で企業が海外に移転することを抑えようとしているが、インバージョンは依然として人気が高い。今回の合併では、規模が小さいアラガンがファイザーを買収する逆さ買収の手法が取られるという。

 ファイザーは2014年、英アストラゼネカ(AstraZeneca)に対して同様の目的で逆さ買収を目指したが、拒絶された経緯がある。

 合併後は、ファイザーのイアン・リード最高経営責任者(CEO)が指揮を執り、アラガンのブレント・サンダースCEOがナンバー2の社長兼最高執行責任者(COO)に就く。

 ファイザーは肺炎球菌ワクチン「プレブナー(Prevnar)」、アラガンはしわ取り注射剤「ボトックス(Botox)」など互いにベストセラー薬品を持ち、売上高合計は600億ドルを超える。

tomi craft japan











TCJ Hollywood













Last Week Tonight with John Oliver Pennies
eutag



tomi craft japan












TCJ Hollywood


セブンイレブン、北米でロッカー事業を拡大
eutag

コンビニ大手セブンイレブン(7-Eleven、本社テキサス州)は、eコマースの拡大をビジネスで利用する戦略として、北米店舗で小包受け取り用ロッカーを増やしている。

 ウォールストリート・ジャーナルによると、同社はこの1年で、オンラインで買い物した人が配送大手フェデックスやユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)からの小包を保管できるロッカーの設置数を増やし、今年10月にはカナダ・トロントの6店にウォルマートの商品用ロッカーを設置すると発表した。

 店内併設型ロッカーは2011年にアマゾンと試験的に始めた事業だが、今では米国とカナダの200店に設置され、消費者はどのオンライン店で購入した商品でもロッカーに届けてもらうことができる。保管された荷物を取り出す時は、スマートフォンにEメールで送付されたバーコードをロッカーにかざすと扉が開く。

 小売店にとって、ロッカーは配送会社への過剰な課税や輸送コストの高騰といった流通問題の解決策になる可能性がある。ウォルマートの場合、自社のトラックでコンビニのロッカーに荷物を直送すれば戸別宅配のコストを節約できる。

 セブンイレブンの本業は、来店者の衝動買いから生まれる収入が中心であり、eコマースの隆盛による圧力は感じていない。しかし幹部によると、食料雑貨やパーソナルケア商品などコンビニでよく売れる商品をオンラインで購入する消費者が増えており、時代に乗り遅れない方法を見つける必要があったという。

 一方で、ロッカーは大型の棚1個分のスペースを取るため、何十個も置けば年間何千ドルもの売り上げを失う恐れもある。しかしセブンイレブンの動きは、買い物がオンラインに移行する中で客足を維持するという大きな戦略の一部であり、基本的には実店舗ビジネスであってもロッカーの手数料収入や来店者の増加という形でeコマース人気の恩恵も期待できる

tomi craft japan











TCJ Hollywood













夜間電力の無料化、テキサス州で広がる 風力発電の普及で独特の市場に
eutag

風力発電量が飛躍的に増加しているテキサス州で、夜間電力を無料にする電力会社が増えている。

 ニューヨーク・タイムズによると、テキサスでは現在、50以上の電力小売会社が卸売価格の高い時間帯の電力消費を減らす方法を導入している。

 TXUエネルギーの場合、日中の電気料金はやや高めだが、夜9時〜翌朝6時は無料という時間帯別料金(TOU)体系を提供。その結果、家庭の電力消費行動に大きな変化が起きている。

 たとえば、洗濯機や食器洗浄機を夜9時以降に使ったり、朝の出勤前にすべての電化製品のプラグを電源から抜いて夕方帰宅した後に差し込むといったかたちで日中の電力消費を極力減らそうとする世帯が増えた。

 電力会社がそういった電気代体系を提供できるのは、第一にテキサスが全米でもっとも風力発電の盛んな州であるためだ。風力は、同州の電源構成の約10%を占めている。

 また、テキサスは、他州とはほとんどつながっていない独自の送電網を持っている。そのため、風力発電で夜間に生産した電力を州内で消費しなければならないという事情もある。

 夜間は風がもっとも強く、風力発電には連邦税優遇があるため電力が安い。電力需要が最大になる日中から需要を少しでも夜間に移せば卸売料金を安くでき、支出額の大きな発電所を新設する必要も避けられる。

 電力会社にとって夜間電力の無料提供は、消費者を喜ばせるためだけの行為では決してない。規制緩和で市場競争が激化するなか、顧客を維持し、風力発電の過剰供給によって送電網にかかる負荷とコストを軽減するための重要な経営戦略になっている。

 業界団体の米国電力研究所(EPRI)のエネルギー効率担当幹部オマー・シディクィ氏はそれについて、「電力会社と利用者にとってまさに一挙両得の状況」と話す。

 同様の試みは、メリーランド州やマサチューセッツ州、そしてイタリアでも行われている。メリーランド州のボルティモア・ガス&エレクトリックは、需要が高い時間帯の消費量を1キロワット時減らすごとに割引料金の権利を取得できる制度を導入している。

 ただ、そういった制度をテキサスほど大規模に展開している大型電力市場はない。米国内で市場の自由化がもっとも進み、電力小売業者は既存顧客の維持や新契約の獲得に熱心なため、新しい手法に適した独自の環境が生まれている。

 「米国の消費者は選択肢を求める。消費者の選択肢とその影響や恩恵が電力業界の将来を支える」とTXUのジム・バーク最高経営責任者(CEO)は話す。

tomi craft japan











TCJ Hollywood













パソコン大手2社が2年以内に撤退か IDC、市場縮小を理由に予想
eutag

米調査会社IDCは、世界10大パソコン・メーカーのうち2社が向こう24ヵ月以内にパソコン市場から撤退するという予想を示した。

 IDCはまた、現在のIT提供会社のうち30%以上が5年以内になくなるとも予想した。IDCによると、その大部分は、買収されるか合併するか、あるいは大幅の規模縮小または劇的軌道修正によって2020年までにIT業界から消えることになる。

 インベスターズ・ビジネス・デイリー紙によると、消滅に追い込まれるそれらのIT企業は、モバイル電算やクラウド電算、大規模データ(big data)、ソーシャル・メディアに代表される「第三プラットフォームへの移行」の犠牲者とも言える、とIDCは指摘する。

 消費者や企業がパソコンの代わりにスマートフォンやタブレットの購入を優先させ、クラウド電算の利用を増やしたことで、パソコンの利用価値が低下したため、パソコン市場は近年、縮小を続けている。

 IDCはそういった市場動向を踏まえて、これまで4年半〜5年だった商業向けパソコン寿命が2017年までに6年以上に長期化すると予想。その結果、パソコン出荷台数は当然ながら減少する。

 世界パソコン市場では現在、レノボ(Lenovo)、HP、デル(Dell)、そしてアップル(Apple)が上位4社だが、そのうちの2社は5位から10位に後退するだろう、とIDCのトム・メイネリ氏は予想する。

 現在、5位から10位には、エイサー(Acer)、エイスース(Asus)、東芝、サムスン(Samsung)、清華同方(Tongfang)、そして富士通が番付けされている。

 「可能性がもっとも高い筋書きは、買収か合併、あるいは撤退によって上位10社のうち2社がなくなるという見通しだ」「上位4社が下位6社のうちどれかを吸収するにしても、それほど大きな事業拡大にはつながらないため、3件以上の買収や吸収はないだろう」と同氏は予想する。

 撤退する可能性がある大手の一つはデルだ。デルは、EMCを買収することで先日合意したように、法人向けデータ・ストレージやクラウド事業への重点移行に注力しており、パソコン事業の売却を模索している、と指摘される。

 リコード誌によると、デルはHPとレノボ、ファーウェイ(Huawei)に売却話を打診したが、商談がまとまらなかった。

tomi craft japan











TCJ Hollywood













スペインのMango、米450店を閉鎖へ
eutag

スペインの大手アパレル・ブランド「マンゴ(Mango)」は、来年早々にも米国内の450店舗を閉鎖すると発表した。現在入居する大衆百貨店のJCペニー(J.C. Penney、本社テキサス州)との5年契約が切れるため。ニューヨークやフロリダ州マイアミなどの7店舗は残すという。

 ロイター通信によると、マンゴは同じスペインのインディテックス(Inditex)傘下の「ザラ(Zara)」、スウェーデンの「へネス&マウリッツ(H&M)」などと競合するブランドだが、JCペニーへの入居契約を更新せず、来年2月ごろに退去するという。

 米国では今後、主要都市での営業を強化して拡張も検討する。マンゴの世界売上高のうちJCペニー店舗が占める割合はわずか0.5%で、業績への影響は軽微だという。マンゴは100カ国以上で出店し、2014年は国際展開への投資で純利益が前年比11%減少した。

tomi craft japan











TCJ Hollywood













PBS News Hour Full episode November 18, 2015
eutag



tomi craft japan












TCJ Hollywood


Nightly Business Report November 18, 2015
eutag



tomi craft japan












TCJ Hollywood


NECやインテルら、5G通信網の開発で協業   欧州の共同事業体が主導
eutag

複数の技術会社や欧州の大学による新たな共同事業体が、未来の移動通信網規格となる5Gの構築を目指して協業を進めている。

 「超流動計画(Superfluidity Project)」と呼ばれるその協業は、「欧州H2020 5Gパブリック=プライベート・パートナーシップ(European H2020 5G Public-Private Partnership=5G PPP)」構想の一部で、収束されたクラウド基盤の5G仮想通信網とサービス・プラットフォームを定義して開発することを目指すもの。

 5G PPPの声明によると、通信網はモバイル・エッジと、データ・センター群に拡張された5G通信網の中核設備のうえで供給される。

 ビジネス・クラウド・ニュースによると、5G PPPに参加する企業には、NECやシトリックス(Citrix)、インテル(Intel)、オンアップ(OnApp)、レッド・ハット(Red Hat)といったIT大手が名を連ねる。

 通信機器メーカーのアルカテル・ルーセント(Alcatel Lucent )が技術調整役として関与するほか、ブリティッシュ・テレコム(BT)やPTイノーヴァ・エンジェンハリア・デ・システマス(PT INOVA-Engenharia de Sistemas)、テレフォニカ(Telefonica)も参加する。

 さらに、フランスの新産業・技術センター(CNIT)やベン・ギュリオン大学、リエージュ大学、ドレスデン技術大学、ブカレスト工科大学といった欧州各国の大学も参加し、次世代無線通信技術の開発に加わる。

 同計画は、30ヵ月の予定で2015年7月1日から正式に始動した。

 超流動計画が成功すれば、こんにちの通信網がかかえる問題が解消され、プロビジョニング過程を短縮し、携帯通信網の需要増に対応できる、とNECは声明で発表した。

tomi craft japan











TCJ Hollywood













Nightly Business Report November 17, 2015
eutag



tomi craft japan











TCJ Hollywood













社員の本音を聞き出す新ツールが続々登場   人材資源管理の新たな方法に
eutag

会社が従業員の意見を聞き、それを経営に反映させるための方法を提供する新しいHR(人材資源)技術が開発され、企業から注目されている。

 ウォール・ストリート・ジャーナルによると、最近は有能な従業員の確保が難しくなっており、企業にとっては社員の満足度を高めてとどまらせることが重要になっている。

 そのため、職場の課題を迅速に把握して賢く対応するためのソフトウェアが求められている。ラスベガスで最近開かれた技術展示会「HRテクノロジー」では、複数の小さな新興企業が、会社の経営方針をはじめ、上司や、職場の状況、就労環境に関する意見を社員から集められるツールを披露した。

 カリフォルニア州オークランド拠点のグレート・ハイヤーズ(Great Hires)では、ウェブ基盤のツールを使って就職希望者と雇用主に対等な出会いの場を提供しようと試みている。

 グレート・ハイヤーズのツールの場合、面接官の名前をはじめ、その面接官の履歴情報やブログ、ソーシャル・メディアへのリンク、業績報告書、社員の証言といった会社に関する情報を求職者に提供する。

 一方、サンフランシスコ拠点のハイフン(Hyphen)は、会社が社員の本音を知るために社員同士の匿名の会話を聞けるモバイル専用アプリケーションを開発している。

 ハイフンの信条は、社員中心、匿名、モバイル専用で、幹部からの投稿は「幹部陣(official)」と記され、社員は自分の意見に対して上司から質問や回答が来たことを知ることができる。

 ただ、すべての大企業が従業員の率直な意見を聞きたいと思っているかどうかは不明だ。意見交換をそこまで透明にする準備が整っていない企業や、匿名の意見収集ツールが職場の士気を下げると懸念する企業もある。

 そこで、サンフランシスコ拠点のカンジョーヤ(Kanjoya)は、従業員の感情に関する情報をより受け身の方法で集めたいと考える企業のために、感情分析(センチメント・アナリシス)と呼ばれる調査ツールを販売している。

 同ツールは、ブログへの投稿や意識調査への回答を企業が社員に呼びかけ、その文章を通して社員の考え方を分析するという方法。カンジョーヤの顧客にはインテルのような大企業も含まれる。

tomi craft japan











TCJ Hollywood













Nightly Business Report November 16, 2015
eutag



tomi craft japan












TCJ Hollywood


NY州、スマート・メーターを大規模導入   分散型電力の活用を促す新指針
eutag

ニューヨーク州の公益規制当局は、電力会社による分散型電力システム導入計画についての指針を発表した。

 グリーンテック・メディアによると、ニューヨーク州は「リフォーミング・ザ・エネルギー・ビジョン」、略してREVと呼ばれる目標を掲げている。電力使用のピーク時間帯をなくし、分散型発電をこれまで以上に活用し、消費者のエネルギー市場参加を促すという目標だ。

 当局では、その目標を達成するのに必要な一つの要因として、高度のメーター基幹網の整備を呼びかけている。

 「どのようなメーター測定が必要かについて、非常に活発な議論が行われている」と、同州公益サービス委員会のオードリー・ジーベルマン委員長は語っている。

 そのおもな論点は、双方向のスマート・メーターをすべての電力顧客に導入する必要があるかどうかだ。また、基本的な通信機能として何を求めるか、詳細の電力データを提供できるほかの技術があるかどうかも話し合われている。

 州内の公益会社最大手は、大規模のメーター導入計画をすでに進めている。コンソリデーテッド・エディソンは、2015年から6年間かけてスマート・メーターを設置する計画を申請済みだ。同社が10月初めに申請した最新の事業計画では、13億ドルを投じて470万個のメーターを設置する。リアルタイムに近いメーター・データを提供するほか、メーター以外にもサポートできる接続網が実現する。

 「当社90年の歴史で最大のプロジェクトだ」と、コン・エディソンのスマート・グリッド担当部門責任者、トム・マギー氏は言う。

 同社はさらに、きわめて高度の分析機能も導入し、毎日15億件以上のデータ・ポイントを作成する計画だ。

 同社をはじめ州内の公益会社には、それらのデータのプライバシーを保護しながら事業目標に役立てる方法を見つけることがREVの下で義務付けられる。また、高度メーター基幹設備を導入しない公益会社にも、何らかの基本的な通信機能の要件が課される見通しだ。

tomi craft japan











TCJ Hollywood













グーグル相手に集団訴訟 宅配サービス部門の運転手
eutag

グーグルの通販・即日宅配サービス「グーグル・エクスプレス」のドライバー女性が、独立事業者として扱われるのは不当として、同じ境遇のドライバーを代表してグーグルに残業代などの支払いを求めるクラスアクション(集団訴訟)をマサチューセッツ州の裁判所に起こした。

 ロイター通信によると、カリフォルニア州ではこの前日にアマゾンの即日宅配サービス「プライム・ナウ」の運転手がアマゾンを相手に同様の訴訟を起こしている。今回グーグルを訴えたアナ・コーリーさんは、運送仲介サービス業者に雇われ、勤務中はグーグル関連の仕事だけを扱うよう指示されたという。

 コーリーさんのようなドライバーは「グーグル・エクスプレス」のユニフォームを着て、シフト中の配達注文をすべて受け入れるよう義務づけられている。コーリーさんは訴状で「マサチューセッツ州法はこうした雇用形態のドライバーをグーグルの従業員と見なしているため、グーグルは残業手当などの経費を支払うべき」と主張している。

 原告代理人の法律事務所は、ウーバーやリフトなどアプリを使った配車サービスのドライバーが各社を訴えている訴訟でも原告代理人を務めている

tomi craft japan











TCJ Hollywood













ビバリーヒルズなどに罰金 加州、水の使い過ぎで
eutag

4年目となる深刻な干ばつが続くカリフォルニアで、州政府が節水目標を達成していないとして高級住宅地で知られるビバリーヒルズなど4市に各6万1000ドルの罰金を科した。

 ロイター通信によると、州水資源管理委員会とジェリー・ブラウン知事は州の水消費量を2013年比で25%減らす目標を掲げており、全体ではすでに4カ月にわたって目標を達成、15年6〜8月の水節約量は2530ガロンに上っている。しかし、ビバリーヒルズとインディオとレッドランズ、コーチェラバレーの4市は州の目標を達成しておらず、8月の時点で警告を受けていた。ビバリーヒルズ以外はいずれも砂漠地帯にある。

 特にビバリーヒルズは、水を今も大量に使って緑の芝生を維持している富裕層がいて、水資源管理委によると、6月以降で1億7500万ガロンの水を使っている。9月の1人当たりの水消費量は、ロサンゼルスの68ガロンに対し約169ガロンに上った。

 今回の罰金については「額が少なすぎる」という声もあり、以前ビバリーヒルズに住んでいたリチャード・グリーンさんは「6万1000ドルなんて、この町の人にとってははした金にすぎないよ。かえって節水の重要性を薄れさせてしまう」と話している。

 市の広報担当者は「市としては節水義務を果たしていないことを非常に遺憾に感じており、目標達成に向けて積極的に努力している」と語る。10月からは水の浪費に罰金を科す制度も導入し、違反者をチェックする調査員も増やす計画で、必要な場合は世帯別に節水規制を適用するつもりだという。

tomi craft japan











TCJ Hollywood













新興企業のアルタリクス、データ分析に革命 4週間の仕事を4日で可能に
eutag

業務用データ分析ソフトウェア提供のアルタリクス(Alteryx、カリフォルニア州アーヴァイン拠点)は、価格設定戦略から在庫管理までさまざまの分野に関して評価するための分析にかかる時間を、従来の数週間から数日間に短縮して実現するソフトウェアを開発し非常に注目されている。

 フォーチュン誌によると、創業5年のアルタリクスは、データ分析家として働く推定2億6000万人に「セルフサービス型」のビジネス・インテリジェンスを提供することを使命として掲げ、たくさんの大企業を顧客としてすでに獲得している。

 同社の将来性に対するベンチャー・キャピタリストらの期待は大きく、同社は先日、8500万ドルの資金調達に成功したばかりだ。調達額は総額で約1億6300万ドルに達する。

 直近の資金調達を主導したインサイト・ベンチャー・パートナーズ(Insight Venture Partners)のジェフ・ホーリング上席パートナーはアルタリクスについて、「ビジネス利用者けん引型データ分析革命」の最有力企業、とアルタリクスを非常に高く評価する。

 アルタリクスのソフトウェアは、顧客の購入履歴やソーシャル・メディア上での行動といった特定の質問の解を導くために必要とされるデータ源を体系化し、「融合された情報」に対してクエリーを実行するというビジネス分析家らの仕事を劇的に効率化する。

 アルタリクスのディーン・シュテッカー最高経営責任者(CEO)によると、同社のソフトウェアは、「従来から入手可能な『リアビュー(背面)』の答を提示するというよりは、次に何をすべきかの判断」を支援する。

 ベスト・バイ(Best Buy)やフォード(Ford)、マクドナルド(McDonald’s)、ベライゾン(Verizon)を含む1000社以上がすでに同社製品を導入した。

 アルタリクス製品の強みの一つは、データ分析時間を大幅に短縮することだ。たとえば、通常4週間かかる作業を4日に短縮できるという。同社は2週間のソフトウェア試用期間を設けており、試したデータ分析家らの大部分がその有用性を認め、95%が使用契約を結ぶという。

 シュテッカー氏によると、2000店舗の在庫管理最適化のために同社ソフトウェアを利用した「世界最大級の小売大手」の一社は、6ヵ月間で粗利(売上高から売上原価を差し引いたもの)が1億7700万ドル改善し、売上高が約4%増えた店舗もあった。

tomi craft japan











TCJ Hollywood













PBS NewsHour Full Episode Nov. 13, 2015
eutag



tomi craft japan











TCJ Hollywood













Nightly Business Report November 13, 2015
eutag



tomi craft japan











TCJ Hollywood













Conflict Zone with Petro Poroshenko
eutag



tomi craft japan












TCJ Hollywood


PBS NewsHour full episode November 12, 2015
eutag



tomi craft japan











TCJ Hollywood













Nightly Business Report November 12, 2015
eutag



tomi craft japan











TCJ Hollywood













オンデマンドの給油サービスが台頭 モバイル・アプリでいつでもどこでも
eutag

オンライン・サービスの普及によって、さまざまの商品がオンデマンドで提供される現在、ガソリンを提供するオンデマンド・サービスがシリコン・バレーに登場した。

 ビジネス・インサイダー誌によると、新興企業のフィルド(Filld)が提供するサービスでは、利用者が携帯端末を使って同社に連絡すると、いかなる場所にも赴いて給油する。

 注文方法は、モバイル配車サービス最大手のウーバー(Uber)と酷似しており、車を駐めてある場所を専用アプリケーションを使って指定すると、フィルドのトラックが利用者の車の場所に行き給油する仕組みだ。

 利用者がその場にいない状況も想定し、利用者は、給油口の錠を開けておく必要がある。

 フィルドの競合社としてパープル(Purple)という別の新興企業も同様のサービスを提供している。パープルの場合は、一度に可能な給油量があらかじめ決まっているが、フィルドのサービスでは利用者がその量を決められる。

 フィルドのクリストファー・アウバケン共同創設者によると、同社サービスの利用者の多くは、夜中に給油するよう依頼し、朝には燃料満タンになっている状態を求めているという。

 フィルドの給油サービスは現在、シリコン・バレー近辺のみで提供されている。しかし、同社は今回、ベンチャー・キャピタル(VC)数社から総額325万ドルを新たに調達し、その資金を使ってサンフランシスコおよび湾岸地域までサービスを拡大する計画だ。

 フィルドのサービス価格は、近隣の給油所で売られているガソリン価格の平均に5ドルの手数料を上乗せした額だ。同社は現在、ガソリンの卸売業者からガソリンを購入している。

 同社サービスのモバイル・アプリケーションはいまのろころ、iOSにだけ対応しているが、近いうちにアンドロイド版を投入する計画だ。

tomi craft japan











TCJ Hollywood













PBS NewsHour Full Episode 11/11/2015
eutag



tomi craft japan












TCJ Hollywood


Nightly Business Report November 11, 2015
eutag



tomi craft japan












TCJ Hollywood


トラック輸送業界にもウーバー型事業の波   新興企業が相次ぎサービス開始
eutag

トラック運転手のスマートフォンを利用し、運転手と陸運会社をつなぐ「トラック業界のウーバー(Uber)」を目指す新興企業群がシリコン・バレーで有力投資家らから注目されている。

 伝統的業界の従来型事業モデルに革新をもたらし市場を開拓しようとするシリコン・バレーの努力を象徴する新たな動向と言える。

 サンフランシスコ拠点のトラッカー・パス(Trucker Path)は、2016年に時価総額10億ドルの達成を目指しており、シアトル拠点のコンヴォイ(Convoy)は、アマゾン(Amazon.com)のジェフ・ベゾス創業者やウーバー・テクノロジーズ(Uber Technologies)のギャレット・キャンプ共同創業者から立ち上げ初期投資として250万ドルを調達した。

 ウォール・ストリート・ジャーナルによると、トラック輸送業界の2014年売上高は7000億ドルで、新興企業群はそのうち局所的輸送の一部市場を獲得できる可能性がある、と業界専門家は予想する。

 ただ、出荷主やトラック運転手は、リスクや技術を敬遠する傾向があり、それが新興企業にとって市場開拓の障害になる可能性も指摘される。

 グレイポイント(Greypoint)として法人化したコンヴォイは、地元で物品輸送を希望する企業が専用ウェブサイトで見積もりを取得し、輸送状況をリアルタイムで追跡できるようにした。

 コンヴォイのサービスをこれまで2ヵ月利用してきたワールド・ヴィジョン(World Vision)の供給網責任者は、従来なら仲介業者経由で数時間を要したトラック手配が4〜5分に短縮されたと話す。

 ロサンゼルス拠点のカーゴマティック(Cargomatic)は、積載スペースに空きのあるトラックと、仕事機会を求めるトラック輸送会社をつなぐサービスを提供する。創業2年の同社は1200万ドルの資金をすでに調達しており、2015年にニューヨークとロサンゼルスで数万件の出荷を請け負った。

 輸送業界では貨物輸送以外にも、フェデックス(FedEx)やユナイテッド・パーセル・サービス(United Parcel Service)といった配送大手が独占する小荷物宅配サービス分野にウーバーをはじめとする新興企業が関心を示している。

 大型の長距離陸送分野では、旅行者に報酬を払い荷物を目的地まで届けてもらうサービスをローディー(Roadie)が提供している。

tomi craft japan











TCJ Hollywood













Nightly Business Report November 10, 2015
eutag



tomi craft japan












TCJ Hollywood


節水のご褒美は値上げ? カリフォルニア州、LAなどが割増料金導入
eutag

深刻な干ばつが続くカリフォルニア州では、使用量制限などによって水の消費量が劇的に減少したことで水道会社の収入が落ち込み、ロサンゼルスやサンフランシスコ・ベイエリアなど一部の給水区で水道料金が値上げされている。

 ロイター通信によると、地域住民は水不足対策として厳しい節水を強いられているが、一方で水道局は、減収によって建物使用料や水道管修理、水の購入費といったコストの支払いが苦しくなっている。ロサンゼルス市水道電気局(LADWP)は、2015年度(7月1日まで)の収入が前年度から1億1100万ドル減少、月約2ドルの臨時値上げで対応している。

 このほか、コントラ・コスタ、イーストベイ、サンディエゴなどの給水区も干ばつ関連の水道料金値上げを検討または実施しており、サンフランシスコ郊外のコントラ・コスタ郡では、748ガロン当たり50セントの干ばつ割増料金を課している。このため1日300ガロン使う世帯の月料金は割増前より約12ドル上昇して133ドルになった。

tomi craft japan











TCJ Hollywood













米成人の2/3がSNS利用 10年で激増、年長者は5年で3倍
eutag

米国ではこの10年で成人のソーシャル・ネットワーキング・サイト(SNS)利用率が大きく伸び、ほぼ3分の2に達していることがピュー・リサーチ・センターの調査で分かった。

 ロイター通信によると、2005年3月から15年7月まで、国内約4万7000人の成人インターネット・ユーザーと約6万2000人の一般成人を対象に行われた27種の調査結果をピューが分析した結果、米成人のSNS利用率は、05年にはわずか7%だったのが10年には46%に増え、現在は65%に達していることが分かった。

 SNSは00年代初頭から人気が高まり、フレンドスター(Friendster)やマイスペース(Myspace)が中心の時代を経てフェイスブックやツイッターがもてはやされるようになった。当初は知人同士が互いの様子を知らせ合ったり他人と知り合う場だったが、最近は法執行機関や国の指導者らが情報収集に利用するまでに進化している。

 全体の利用者数は横ばいになってきたが、高齢者などすぐには流行に飛びつかない人々の間では伸び続けており、65歳以上の利用率は10年の11%から15年には35%と3倍以上に伸びた。最も利用率が高いのは18〜29歳で、78%から90%に、30〜49歳も53%から77%に上昇した。

 男女別では、10年は女性が50%、男性は42%だったが、15年は女性が68%、男性は62%と差が縮まった。所得が多く学歴が高いほど利用率が高く、田舎に行くほど低い。人種や民族間の差は小さく、白人とヒスパニックは65%、黒人は56%だった。

tomi craft japan











TCJ Hollywood













IRS、納税者をスパイする機器を導入   通信塔になりすます盗聴システム
eutag

米国歳入庁(IRS)が、スティングレイ(Stingray)と呼ばれる監視機器を所有する13番目の連邦政府機関となっていたことが判明した。

 スティングレイ機器は、「セル・サイト・スティミュレイター(cell-site stimulators)」とも呼ばれるIMSIキャッチャー(IMSI-catcher=International Mobile Subscriber Identity)。簡単に言えば、携帯電話通信塔になりすまして携帯電話トラフィックを傍受し、携帯電話利用者の動きを追跡できる盗聴機器だ。

 フォーチュン誌によると、IMSIキャッチャーは、国家安全保障や凶悪犯罪組織捜査にかかわる諜報活動に使われてきたが、「IRSでさえそれを導入したとなると、政府内でその利用がどれほど拡散しているのかを物語る」と米人権擁護団体の米自由人権協会(American Civil Liberties Union)のネイト・ウェスラー弁護士は話し、国家権力を傘にした人権侵害の恐れに警鐘を鳴らしている。

 連邦政府機関の支出記録を調べると、IRSは2009と2012年に、IMSIキャッチャー製造元のハリス・コーポレーション(Harris Corporation)に購入代金を支払い、使用訓練費として6000ドルを払っている。

 IRSは、たくさんのIMSIキャッチャーを購入して2000〜3000人の「特別捜査官」を雇い、税金がらみの犯罪行為の捜査を強化している。

tomi craft japan











TCJ Hollywood













ウォルグリーン、ライト・エイドを買収
eutag

米国内2位のドラッグストア大手ウォルグリーンズ・ブーツ・アライアンス(Walgreens Boots Alliance、イリノイ州)は、3位の同業ライト・エイド(Rite Aid、ペンシルベニア州)を172億ドルで買収すると発表した。

 USAトゥデイによると、合併が承認されれば最大手のCVSヘルスに対する競争力を大幅に高めることになり、ウォルグリーンは購買力の向上やコスト削減といった相乗効果で10億ドル以上の支出が抑制できると見込んでいる。ライト・エイドのブランド名は当分の間残す予定。

 市場調査IBISワールドによると、現在の薬局および薬店市場のシェアは、CVSが58%、ウォルグリーンは31%、ライト・エイドは10%で、業界全体の年間売り上げは2630億ドル、利益は103億ドル。一方で、ドラッグストアは処方薬の安売り通販業者、オンライン薬局、コストコのような会員制量販店などとも競合している。

 ライト・エイドは北東部や大西洋岸中部に強力な地盤を持ち、2015年6〜8月期(第2四半期)は売上高が前年同期比17.5%増の77億ドル、純利益はエンビジョンRXの買収などにより1億2780万ドルから2150万ドルに減少した。

tomi craft japan












TCJ Hollywood


携帯端末の無料充電器を店内に設置   小売チェーン大手らの販売促進作戦
eutag

アーバン・アウトフィッターズ(Urban Outfitters)やアンダー・アーマー(Under Armour)といった小売チェーン大手らは、チャージットスポット(ChargeItSpot)という携帯端末用充電器を店内に設置することで、来店者らを店内に引きとめる試みを進めている。

 ビジネス・インサイダー誌によると、来店客らは自分のスマートフォンをチャージットスポットで無料充電でき、小売店側は、充電が終わるまで消費者を店内にとどまらせることで、オンライン小売業者に対抗する。

 上述の小売チェーンのほか、高級百貨店のニーマン・マーカス(Neiman Marcus)やブルーミングデールズ(Bloomingdale’s)、バーグドルフ・グッドマン(Bergdorf Goodman)、ホール・フーズ(Whole Foods)でもチャージットスポットを店内に設置している。

 1台のチャージットスポットには8つの小箱がついており、それぞれの小箱には錠があるため、利用者は端末を小箱に入れて施錠すれば、その場を離れて買い物を続けられる。

 消費者は、チャージットスポットに電話番号を入力し、セキュリティー・イメージと空き小箱を選び、スマートフォンを入れて充電コードに差し込めばだれでも利用できる。

 チャージットスポットの店内設置に参加した小売チェーンらは、充電中の待ち時間に買い物する消費者の割合が54%に達し、それが販売増につながっている、と報告している。

tomi craft japan












TCJ Hollywood


飲み過ぎが米経済に影響 年間損失2490億ドルとCDC
eutag

仕事帰りにパブで酒を飲み過ぎることで米労働者は国内経済に年間2490億ドルの損失をもたらしていることが、厚生省疾病対策センター(CDC)の調査で分かった。アルコール1杯当たり約2ドルの損失を生んでいるという。

 CNNマネーによると、CDCが2010年に行った調査では、二日酔いで職場の生産性は770億ドル分低下し、飲酒が原因と考えられる疾患の治療費が290億ドルに上ることも分かった。これには飲酒絡みの死亡や犯罪、車両などの器物損壊などのコストが含まれる。

 さらに重要なのは、飲酒関連コストが06〜10年の間に11%増加している点だ。CDCの飲酒対策責任者のロバート・ブリュワー氏は「特に、この期間に深刻なリセッション(景気後退)があったことを考えると心配になる」と語った。

 国内では年間約8万8000人が飲酒絡みで死亡している。

 調査は、飲み過ぎを男性で5杯、女性で4杯と定義している。

tomi craft japan












TCJ Hollywood


配達物の追跡サービスに技術革新   追跡番号に変わる新たな方法が台頭か
eutag

宅配荷物の現在位置を可視化する追跡技術は、少なくとも消費者の観点からでは1990年代半ばからあまり進歩していない。

 宅配業者のウェブサイトで荷物追跡番号を入力すると、倉庫から出荷された荷物はいつまでたっても「配送中」と表示され、どこかで遅延や問題が生じていても消費者は知る由もないのが現状だ。

 宅配予定時間についても、「正午から午後4時のあいだ」と精度に欠けるため、消費者はその間、自宅待機を強いられることもある。

 配達物追跡のそういった非効率を解消する目的で、追跡番号に代わるさまざまの技術が最近開発されている。

 新興企業向けマーケティング・サービス会社ランキー(Ranky)のヨーヴ・ヴィルナー最高経営責任者(CEO)がフォーブス誌に寄稿した記事によると、それらの技術の一つとして、オンデマンド・クーリエ・サービスを提供するブリング(Bringg)やポストメイツ(Postmates)の技術プラットフォームがある。

 オンデマンド・クーリエ・サービスとは基本的に、リアルタイムでの配達物追跡を宅配業者に提供するサービスで、何十種類という多種多様の追跡サービスがある。

 ブリングは、流通(配送センター間の荷物やり取り)と配達を他社に任せず自社で管理したいと考える宅配業者を標的市場とする。宅配業者はブリングのサービスを採用すれば配達経過を社内管理でき、それによって「本物の」配達物追跡機能と顧客サービスを利用客に提供できる。

 また、現状の追跡技術の問題点として、実際に荷物を届ける担当者に連絡を取る方法がないことが挙げられる。フェデックスの場合、担当者(配送トラックの運転手)の電話番号を記録しておらず、ほかの社員が運転手に連絡を取りたくても、運転手が流通センターに戻るまでは何もできない。

 そういった問題も、オンデマンド・クーリエ・サービスを採用することで解消できる

tomi craft japan












TCJ Hollywood


新聞用トラックで小包を宅配 アマゾンが試験、可能性探る
eutag

商品の安くて速い配達方法を探しているオンライン小売り最大手アマゾンは、新聞輸送用のトラックを使った荷物の宅配を試みている。

 ウォールストリート・ジャーナルが関係筋の話として伝えたところによると、新聞用トラックの試験導入はシカゴ・トリビューンやロサンゼルス・タイムズを発行する出版大手トリビューン・パブリッシングのトラックを使い、シカゴで1〜2週間にわたって行われた。税金絡みの問題でそれ以上は続けられなかったが、アマゾンは他の新聞社のトラックを使った同様の試験を検討中だという。

 新聞の定期購読数は減少しているが、新聞輸送トラックは今も大都市のあらゆる地区を回っており、アマゾンの流通網にとても近い位置にいる。アマゾンは近年、さまざまな配達方法を試しており、昨年はイエローキャブ(NY市内のタクシー)やウーバーの利用を試みたほか、最近では契約ドライバーが自分の車を使うウーバー方式の配送サービス「フレックス」も始めている。

 アマゾンの2015年上半期の輸送コストは、46億ドルと前年比で28%増加しており、こうした新しい取り組みがコスト削減につながる可能性がある

tomi craft japan












TCJ Hollywood


租税回避地に2.1兆ドル フォーチュン500社の備蓄額
eutag

米国の売上高上位企業500社(フォーチュン500) は、法人税率の高い米国での納税を避けるため、海外のタックスヘイブン(租税回避地)に合わせて2兆1000億ドル以上の資金を所有していることが最新調査で分かった。これらの収入を米国で申告した場合、課税額は6200億ドルに上るという。

 ロイター通信によると、調査は革新系の民間団体シチズン・フォー・タックス・ジャスティスとUSパブリック・インタレスト・リサーチ・グループ・エジュケーション・ファンドが合同で行い、証券取引委員会(SEC)に提出された企業の財務報告を基に推定した。その結果、2014年末時点でフォーチュン500の約72%に相当する358社が、バミューダ、アイルランド、ルクセンブルク、オランダといったタックスヘイブンに計7622社以上の子会社を置いていることが分かった。

 海外資金が最も多いのはIT大手アップルで、3カ所のタックスヘイブンにある子会社に1811億ドルを蓄えており、これを米国に移せば592億ドルの納税義務が生じると推定される。2位以下は、ゼネラル・エレクトリック(GE)が18カ所のタックスヘイブンに1190億ドル、マイクロソフトは5カ所に1083億ドル、製薬大手ファイザーは151カ所に740億ドルとなっている。500社が海外に蓄えるオフショア資金のうち、65%に当たる1兆4000億ドルをわずか30社が所有している。

 米国の法人税率は35%だが、SECへの報告によると、これらの企業が海外で納めている税率は約6%。

tomi craft japan












TCJ Hollywood


IBM、消費者行動情報の集約機能を追加   マーケティング・クラウドを拡充
eutag

IBMは、自社のマーケティング・クラウド(Marketing Cloud)という法人向けクラウド・サービスに、ユニヴァーサル・ビヘイヴィアー・エクスチェンジ(Universal Behavior Exchange=UBE)という新機能を追加した。

 UBEは、各社の販促担当者らがそれぞれの顧客や消費者の行動をより良く理解できるようにするためのツール。

 ビジネス・クラウド・ニュースによると、IBMは、企業各社の販促担当者らがUBEを使うことで、顧客や消費者に関するあらゆる情報源を簡単につなげることが可能となり、消費者の動向を迅速かつ簡単に把握できるようになる、とその利点を説明している。

 企業によっては、最高で30の異なる情報収集システムを統合して必要データを一気に集約できるようになる。対象となる情報源には、たとえばフェイスブック(Facebook)といったソーシャル・メディアも含まれる。

 ソーシャル・メディアや、販促担当者のモバイル機器によってやり取りされた各種のデータは通常、企業通信網のデータ管理システムと連携しないため非構造化データと呼ばれ、システムに組み込むことが困難だ。

 UBEを活用することで、そういった情報源を簡単に取り込めるようになり、消費者の動きに関する洞察をより簡単に得られるようになる

tomi craft japan












TCJ Hollywood


太陽+蓄電の効果は変動料金で拡大   サクラメントとサンヴァージの実験
eutag

カリフォルニア州サクラメント市の公益会社は、時間帯によって変動する電気料金制度を導入して、太陽光発電と蓄電装置を設置した世帯での効果を調べている。

 グリーンテック・メディアによると、サクラメント自治体公益区(SMUD)は、新興企業のサンヴァージ(Sunverge)と協力して、太陽光発電と蓄電設備を設置している顧客34世帯でその実験を進めている。

 SMUDは、電力使用量が増える時間帯の特別料金を2012年以来、個人住宅向けに試験的に導入してきた。冷房使用が増加する夏の午後といったピーク時間帯の電力使用量を削減するための方策だ。

 サンヴァージは、過去2度の夏のあいだに太陽光発電と蓄電を設置した世帯がそのピーク時料金にどう反応するかを観察してきた。2015年6月から9月のデータを見るかぎり、変動料金が適用されている家庭ではピーク時の蓄電池使用が大幅に増加し、変動料金制度に大きな効果があることが示された。

 サンヴァージの計算では、変動料金の適用された家庭で9日間にわたる電気代節約金額が総計445ドルとなった。

 蓄電池は太陽光発電のみで充電され、送電網の電力で充電することはない、とサンヴァージのケン・マンソン最高経営責任者(CEO)は説明している。同社はまた、室温調節器や住宅全体のエネルギー・データ、気象予報データ、通信プラットフォームを使ったエネルギー管理技術も活用している。

 同様の概念は、住宅向け太陽光発電や蓄電、エネルギー管理システムを提供するほかの企業でも商業化を積極化させている。もっともよく知られているのは、テスラとソーラーシティーの提携関係を通じたサービスだ。そのほかにも、サンジェヴィティーやサンラン、エンフェイズ、サンパワーが、やはり提携関係を通じて類似サービスを提供している。

tomi craft japan












TCJ Hollywood


▲PAGE TOP